フールナイトとおすすめの植物|2022.03.19

Life-column

いつものようにブログ収益で漫画を買ってカフェに行く。今日はフールナイト3巻を友達にあげたくて購入。最近、面白いマンガが増えて嬉しいと思ってしまう。

カフェでフールナイト3巻以降を読了

【漫画】フールナイトあらすじ

ぶ厚い雲が日光を遮り、100年がたった。冬と夜ばかりが続き、植物が枯れ果ててしまった遠い未来。人類は「転花」という技術を用いる。「転花」とは、死期の近い人間に「種」を植え込み、約2年の時をかけて、人間を「霊花」と呼ばれる植物にする技術。

酸欠状態になった地球で、人々は霊花が生み出すわずかな酸素で生き延びていたのだ。心を病んだ母と二人暮らしの神谷トーシローは、わずかばかりの賃金労働で生活を支えていた。

結果、転花施術を受けて以降のトーシローは霊花の言葉がわかるようになっていた。ヨミコは、「探してほしい霊花がある」とトーシローに協力を求めた。トーシローは国立転花院に連れられ、霊花と話す力を生かして特別臨時職員として働くことになった。

現在は単行本『フールナイト第3巻』まで。第4巻は2022年06月28日頃の発売予想のこと。

おすすめの植物

最近、園芸店が多いので植物を育てたい人が増えたはず。

まず育てるならパキラがいいかも。お金をもたらす幸運な木ということで「発財樹(Money tree)」と海外では言われている。他には小さい植物がいいならユーフォルビアオベサや小型のサボテンはおすすめ。

小さいサボテンや梅の木、バークチップ(木片)、くるみ、小石、砂利などで寄せ植えするのもいいかもしれない。梅の木のような盆栽に用いる場合は、植替え(うえかえ)と言って『植えてある植物が成長を始める直前』に植え替える。

終わりに

今年は残り2年の大学生活。趣味にクラウチングスタート。飽きたら他の勉強をし、また新しい趣味を探す。最近は『趣味と趣味』が融合して楽しくなる。

タイトルとURLをコピーしました