【読んだ感想】2030年代へ備えるマネー・プラン|日本復航戦略

暮らしのモノ

2030年の未来では半数の仕事が消滅。教育コストは大人にかかる、物価は下がり必需品が増加、「働く生活」は娯楽語に。アメリカ最大のFP会社によるシンギュラリティ大学教授の「社会とお金の未来」入門講座。

2030年代へ備えるマネー・プラン シンギュラリティに向けて急加速する技術革新が金融・経済・生活を一変させる』話題のエクスポネンシャル・テクノロジーが身近な家計に与える影響がよくわかる1冊。

【目次】2030年代へ備えるマネー・プラン

第1部 エクスポネンシャル・テクノロジーへの旅

・第1章 お互いがつながる

・第2章 ビッグデータ

・第3章 ロボティクス

・第4章 ナノテクノロジーと素材科学

・第5章 3Dプリンティング

・第6章 医学と神経科学

・第7章 エネルギーと環境システム

・第8章 教育におけるイノベーション

・第9章 余暇と娯楽の未来

・第10章 金融サービスイノベーション

・第11章 安全とセキュリティ

・第12章 テクノロジーのダークサイド

第2部 エクスポネンシャル・テクノロジーは、パーソナルファイナンスに対してどのような意味を持つか?

・第13章 未来に対して、いま必要なファイナンシャルプラン

・第14章 キャリアプラン

・第15章 大学プラン

・第16章 プライバシーの保護

・第17章 未来に必要な投資戦略

・第18章 未来の住処はどこか?

・第19章 セカンドホーム

・第20章 未来の長期介護

・第21章 未来の相続プラン

(原題:The Truth About Your Future)

【2030年代のEXPECT計画】勉強記録

ロボティクス

ロボット工学(Robotics)。ロボットに関する技術を研究する学問。ロボットの手足などを構成するためのアクチュエータや機構に関する分野、外界の情報を認識・知覚するためのセンサやセンシング手法に関する分野、ロボットの運動や行動ロボットの制御に関する分野、ロボットの知能など人工知能に関する分野などに大別される。

ナノテクノロジー

ナノテクノロジー (nanotechnology) は、物質をナノメートル (nm, 1 nm = 10−9 m)の領域すなわち原子や分子のスケールにおいて、自在に制御する技術のことである。ナノテクと略される。そのようなスケールで新素材を開発したり、そのようなスケールのデバイスを開発する。ナノテクノロジーは非常に範囲が広く、半導体素子を分子セルフアセンブリ法という全く新たなアプローチで製造することや、ナノスケールのナノ素材と呼ばれる新素材を開発することまで様々な技術を含む。

いまだに一部の新素材やコンピュータのプロセッサに応用されている程度の段階だが、将来はこの技術によりナノサイズのロボットで治療を行ったり、さらには自己増殖能を持たせて建築に利用することができるようになると予想されている。21世紀をかけて大きく発展する分野と考えられている。

素材科学

材料工学(materials science and engineering)または材料科学(ざいりょうかがく、英語:materials science、マテリアルサイエンス)は、工学の一分野であり、物理学、化学等の知識を融合して新しい材料(素材)やデバイスの設計と開発、そして評価をおこなう学問である。プロセス技術(結晶の成長、薄膜化、焼結、鋳造、圧延、溶接、イオン注入、ガラス形成など)、分析評価技術(電子顕微鏡、X線回折、熱量計測など)および産業上の材料生産での費用対利潤の評価などを扱う。

3Dプリンティング

3次元のデジタル・モデルを立体物に出現させることを3Dプリンティング(3D printing)、三次元造形(さんじげんぞうけい)と呼ぶ。3Dプリンター(3D printer)。3次元的なデジタル・モデルをもとにして、(現実の)物体をつくりだすことができる機械のこと。積層造形装置、付加製造装置、AM装置、AMマシンとも呼ばれる。あまり一般的ではないものの、「立体印刷機」と呼ぶこともある。

光造形法-素材科学

紫外線を照射することで硬化する液体樹脂を用いた造形法。初期のラピッドプロトタイピングはこの手法から始まり、ステレオリソグラフィー、レーザーリソグラフィーなどともいわれた。紫外線の照射によりラジカル重合、もしくはカチオン重合する樹脂を用い、絞った紫外線レーザービームで樹脂を選択的に硬化させて立体物を造形する手法であったが、紫外線プロジェクタや液晶パネルを用いることで面一括露光により造形する手法も開発されている。元々は高価な機器が必要であったが、液晶パネルの透過光で直接硬化させる方式では近年5万円を切るモデルも販売されている。

粉末法-素材科学

素材粉末を層状に敷き詰め、高出力のレーザービームや(導電性の素材では)放電などで直接焼結(粉末焼結式積層法)したり、インクジェット方式でバインダを添加して固めたりする(粉末固着式積層法)などして造形を行う手法。前者では、ナイロンなどの樹脂系材料、青銅、鋼、ニッケル、チタンなどの金属系材料などが利用できる。後者ではスターチ(デンプン)、石膏などの材料が知られ、ランニングコストを抑えた3Dプリンタに利用されることが多い。フルカラー印刷に対応しているのも特徴である。

熱溶解積層法(FDM法)-素材科学

熱可塑性樹脂を高温で溶かし積層させることで立体形状を作成する造形法。 ラピッドプロトタイピング・3Dプリンタの造形方式の中では唯一、本物の熱可塑性樹脂が使用でき、ABS樹脂・ポリカーボネート樹脂・PC/ABSアロイ・PPSF/PPSU樹脂・ULTEM(polyetherimide)樹脂など熱可塑性の様々なエンジニアリングプラスチックが使用できる。 米国ストラタシス社がこの方式の特許を持っていたが、基本特許は切れた。この系統に含まれるものとして、レーザビーム中に粉末やガス状化合物を吹き込んで、金属や化合物の積層物を製作するものもある。10万円未満で販売されている機器はほぼこの方式である。樹脂を熱で加工するという特性上、造形物が反って変形するなどのトラブルが多く、使いこなすにはある程度の慣れが必要である。

シート積層法-素材科学

シートを積層させ、形状を作る造型法。数種類あり、カッティングプロッタで切り込みを入れた紙を糊で積層する方式や 光硬化樹脂をシートにインクジェットで出力してから転写する方式や水溶性の紙に熱硬化性樹脂や光硬化樹脂のモノマーをしみこませて一層の積層毎に加熱または紫外線照射、加圧して硬化する方法がある。上記の粉末法の基材をシートに置き換えたもの。

インクジェット法-素材科学

液化した材料またはバインダを噴射して積層させ、形状を作る造形法。インクジェットプリンターの原理を応用している。インクジェットプリンタのカラーインクを使用して、カラー造形物も作成されている。光硬化樹脂を噴射後、短波長の光を照射して硬化する方法やワックスを噴射する方法等がある。材料の無駄が少なく、歯科技工や宝飾品に使用されるロストワックスの原型のように比較的精密なものを作るために適する。オーバーハングの部分のために溶性のサポート材を出力したり、複数の素材を造形物上で混合することで透明度や柔らかさを変えられるもの、フルカラー出力に対応した機種もある。

余暇-(コミュニケーションの時間)

日本では休息は「お茶」と呼ばれることが多く、午前中の昼食との合間または昼食後と夕方の合間に設定され、お茶を飲むために湯を沸かし、漬物などを持ち寄り世間話をしながら休息をとる。欧米やヨーロッパではTeaTIMEと言われており、雑談を楽しんでいる。余暇の間では、オンラインゲーム(BREAKING-GAME)での共闘が流行っている。

フォースのダークサイド-ダースベイダー卿

「フォースのダークサイドは誰もが到底不可能と考えるような数多の力を得るための道なのだ」フォースのダークサイド、フォースの暗黒面(Dark side of the Force)は、フォースの側面のひとつ。ダークサイドの使用者は、恐れや怒り、憎しみ、攻撃性といった暗い感情から力を引き出した。ダークサイドの主な信奉者として知られるシスは、フォースのライトサイドを信奉するジェダイ・オーダーと敵対関係にあった。銀河帝国に仕えた尋問官たちも、シスではなかったがダークサイドの使い手だった。

2030年の大学プラン

大学戦略室の設置と他大学への学びを強化。学費は政府負担で無料。大学戦略室とは、大学をもっとより広く幅広く使ってもらうためのもの。大学での図書館の利用や他大学の講義の取得の容易化。上記の画像はアジア大学ランキング2022。

【読んだ感想】

2030年代へ備えるマネー・プラン シンギュラリティに向けて急加速する技術革新が金融・経済・生活を一変させる』デンマークやフィンランド、ノルウェーなど、ヨーロッパ諸国、特に北欧諸国では授業料が無料である。またドイツやフランス、オーストリア、スイスのような授業料が安い国も大体はヨーロッパ諸国。大学は、「知的、応用的能力」と同時に「道徳的能力」の展開を目ざす立派な専門職業人としての人間を育成しなければならない。

タイトルとURLをコピーしました