【考察感想】六人の嘘つきな大学生|ネタバレあらすじ有り

暮らしのモノ

浅倉秋成さんは、2012年12月に第13回講談社BOX新人賞“Powers”の受賞作『ノワール・レヴナント』でデビューした1989年生まれの作家。2020年には『教室が、ひとりになるまで』が第20回本格ミステリ大賞小説部門と第73回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門の候補作にもなっている実力派。

【六人の嘘つきな大学生】あらすじ

成長著しいIT企業「スピラリンクス」が初めて行う新卒採用。最終選考に残った六人の就活生に与えられた課題は、一カ月後までにチームを作り上げ、ディスカッションをするというものだった。全員で内定を得るため、波多野祥吾は五人の学生と交流を深めていくが、本番直前に課題の変更が通達される。それは、「六人の中から一人の内定者を決める」こと。仲間だったはずの六人は、ひとつの席を奪い合うライバルになった。内定を賭けた議論が進む中、六通の封筒が発見される。個人名が書かれた封筒を空けると「●●は人殺し」だという告発文が入っていた。彼ら六人の嘘と罪とは。そして「犯人」の目的とは――。

【六人の嘘つきな大学生】感想

・就職活動で苦労した経験がある

・不穏な雰囲気の物語が読みたい

・二転三転する物語が好き

という方にはおすすめ。

最終選考の議論の途中、会議室のなかで六通の不審な封筒が見つかり。封筒には六人の最終選考のメンバー一人ひとりの名前が書かれている。メンバーの一人が封筒の一つを開けると、なんと中にはその人物が「人殺し」であることを告発する紙片と、その事実を証明する複数の写真が入っていた。それを皮切りにこれまでの人当たりの良さを裏切るような、メンバーたちの「嘘」が次々に露わになるのが人間だなと感じてしまう。

知性的でリーダーシップを発揮する爽やか好青年、体育会系で元球児のムードメーカー、海外旅行好きで語学力に秀で人脈も多い美女、データ収集のプロ、などなど。

就活で実は採用されそうな人たち。。。長所だけを最大限に美化してアピールする「就活のバカらしさ」を痛烈に皮肉っているとも感じ取れる。でもそう考えると就活したくないなって思ってしまった。

タイトルとURLをコピーしました