【アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書】要約と感想

暮らしのモノ

本書は、日本以外の海外では学生時代にあたり前に叩き込まれる「お金の基礎教養」を、一気に学べる”教科書”にして指南する一冊。本書が書いていることは少し難しい。多くのお金の本ではインデックス投資をしろ!や貯金をまずしろ!と書いているがこの本はちょっと違う。

貯金は、なんのためにするのか。

仕事は、なんのためにするのか。

投資は、なんのために必要なのか。

できるのであればこれは即答できた方がいい。答えはない。自分の中でかみ砕いて最適解を出し自分が納得ができる答えを出すこと。

【アメリカの高校生が学ぶお金の教科書】要約

【アメリカの高校生が学ぶお金の教科書】あらすじ

大富豪が多いと言われるアメリカなどの欧米諸国では、早期から子どもへの金融教育が導入されている。

日本ではお金の勉強はされていないがアメリカではお金の勉強は必須の教科なのだ。

株を運用することは経済学を同時に勉強することになるので若くして大起業家が誕生するというのも不思議ではない。アメリカの学校の授業の中=カリキュラムの中で「お金」について学んでいるところが多い。そのうえでお金の知識が土台にあるのでマネタイズに関しては考えさせられることがある。

「一生モノのお金の基礎知識」日本以外の海外では、学生時代に叩き込まれる「基礎教養」。でも日本では教えられないので悲しい。本書ではアメリカの高校生が学んでいる教養として必ず身につけるべき、「世界標準のお金との付き合い方の基礎知識の教科書(稼ぎ方、貯め方、増やし方)」をひもといて書かれている。

【アメリカの高校生が学ぶお金の教科書】目次

  • お金の計画の基本
  • お金とキャリア設計の基本
  • 就職、転職、起業の基本
  • 貯金と銀行の基本
  • 予算と支出の基本
  • 信用と借金の基本
  • 破産の基本
  • 投資の基本
  • 金融詐欺の基本
  • 保険の基本
  • 税金の基本
  • 社会福祉の基本
  • 法律と契約の基本
  • 老後資産の基本

【アメリカの高校生が学ぶお金の教科書】感想

この本が書かれていることは本質に近い。

けれどもお金の思考を鍛えるには十分に良い良書である。今学べることだけを吸収できればいいのだ。最初から全部を理解しなくてもいい。少しずつお金の勉強をしキャリアを積み、仕事ができるようになるとちょっとずつわかること。

お金の勉強をしていた当初は何を言っているのかがあまり理解できないことが多かった。だが自分でお金を貯めたり、増やしたり、守ることを覚えもう1度本書を取ることで理解できることがある。まずは読んで実行をすること。学生であればまずはお金を作り増やすことから。ブログや不用品をメルカリで売ることからでいいと思う。まずはお金を作ろう。

タイトルとURLをコピーしました