【アメリカの高校生が学んでいる経済の教室】ネタバレ要約と感想

暮らしのモノ

経済の歴史を本書では記しているがアメリカの高校生が学んでいる経済の教室』は経済学の本。アメリカの高校生が学ぶお金の教科書アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書の関連書籍。モノの値段はどう決まる・需要・供給の関係・株式・債券ってどんなもの・金融市場ってどんな場所。アメリカでは、高校生から経済学を学ぶ。日本の学校では教えてくれない世界標準の経済学。

【アメリカの高校生が学んでいる経済の教室】要約

金融教育の先進国・アメリカでは、高校生からお金の流れと世の中の仕組みについて

学校で勉強する。学べる内容としては取引の基本/経済システムの基本/お金の流れと社会の基本/銀行の基本/需要と供給の基本/市場の基本/不完全競争市場の基本/政府と市場の基本/金融市場の基本/外国為替と国際収支の基本/経済活動の基本/国内総生産(GDP)の基本/失業の基本/インフレーションの基本/マクロ経済学の基本/金融政策の基本/経済成長の基本/環境と経済の基本

【アメリカの高校生が学んでいる経済の教室】目次

第1章 経済とはそもそもなにか?

・経済のなりたち

・希少性

・トレードオフと機会費用

第2章 なぜ、私たちは取引するのか?

・取引の歴史

・比較優位:それほど明白ではない理論

・取引から得られる利益

第3章 異なる経済システム

・伝統経済とコマンド経済

・銀行の起源と機能

・バランスシート

第4章 需要と供給

・市場の話

・価格の上限

・税金と補助金

第5章 競争市場

・会計と経済

・生産機能

・コスト、コスト、コスト

・短期的な完全競争

第6章 不完全競争市場

・寡占と独占

・ゲーム理論

・価格設定行動

第7章 外国為替と国際収支

・為替レート

・純輸出

・純外国要因所得

第8章 インフレ

・インフレとは?

・インフレの種類

・人々の期待の役割

・デフレ

・インフレと失業のトレードオフ

【アメリカの高校生が学んでいる経済の教室】感想

原書は全20章で構成。こちらのアメリカの高校生シリーズは経済の歴史に近い話だった。時代の流れと共にいろいろな新しい仕組みが組み込まれていることが分かった。特にゲーム理論に関しては興味がある内容だった。

原書はおそらく海外の寓話。『少年ボビーのミズーリ昆虫記』なはず。

タイトルとURLをコピーしました