貯金ができる『バビロン大富豪の教え』ネタバレ要約と感想

暮らしのモノ

ジョージ・サミュエル・クレイソンが執筆をしたお金の原則の話が書かれた『バビロン大富豪の教え』。

ジョージ・クレイソンは、倹約や金銭的成功についての一連の情報パンフレット類の著作家として最もよく知られている人。彼がそうしたパンフレットを書き始めたのは1926年で、古代のバビロンを舞台とした寓話が語られた。銀行や保険会社が、彼の寓話を広めるようになり、その中でも最も有名になったものが本性である。

バビロン大富豪のお金が貯まる7つの教え

ジョージ・S・クレイソンが伝えたい教えは全部で7つ。

  • 収入の十分の一を貯金せよ
  • 欲望に優先順位をつけよ
  • 貯めた金に働かせよ
  • 危険や天敵から金を堅守せよ
  • より良きところに住め
  • 今日から未来の生活に備えよ
  • 自分こそを最大の資本にせよ

「バビロンの大富豪」は、目先のお金を得る方法ではなく、お金を「貯める」「守る」「増やす」ことの、法則や本質を学ぶことが可能である。バビロンで1番のお金持ちが、王に頼まれ、富を得るための講義を行います

そこで、現代にも通用するお金の本質、富を得るための7つの知恵を教えます

収入の十分の一を貯金せよ

「財布に10枚のコインを入れたなら、9枚枚使っても、1枚は残しておく」

収入の全て使うのではなく貯金しようという事。貰ったお金を全て使っていてはお金は増えることなど不可能。残すことを前提に、考えた上でお金を使いましょう。そのうえで収入の10分の1を貯金をすること。

まずはバイト代や給料の10分の1を先取り貯金をすること。そのうえで残りの9割で生活を賄う。言ってしまえば収入の9割でしか生活をしない。残りの1割は絶対にお金を使わないことで10カ月経てば1月分の貯金ができるのである。

欲望に優先順位をつけよ

「気を付けないと、必要経費は、気が付くと収入と等しくなってしまう」

お金は考えること。なににお金を使うかを考えて使うべき。例えば稼ぎが増えるとそれだけ支出も増えることは絶対にありえること。収入が増えるとその分豪遊をしてしまう。貯金は収入から支出を引いた残りです。

シンプルな計算式として

“貯金=収入―支出“

20万円の時の生活と50万円の時の生活。収入が増えた分を使う分生活費である支出を増やすのではない。支出も収入20万円と変化しないことが大事である。

貯めた金に働かせよ

「財産とは、現金ではなく、お金を増やす仕組みこそが財産」

ここで言いたいのは“お金のなる木”。お金を増やしてくるシステムや投資をすること。金融投資が絶対ではない。人やもの、道具、そしてスキルがときにはお金を増やす木になる。言えることはお金を投資をしてお金を増やす。これが絶対であるがお金を仲介して人とモノにしてそして時間が経ったときにお金を増やして回収できればいいのだ。

決してお金をお金で増やすことがすべてではない。

危険や天敵から金を堅守せよ

財産は増やす力だけではなく守る力も大切だ。

元本を保証し回収できる事が大切と書かれている。投資の多くは元本が保証されていません。リスクは絶対に必要。だが許容範囲のリスクはとるべきである。

当時ではお金を返してくれる。信頼できる人にお金を貸し利子をつけて返してもらう手法が書かれている。現代で言えることは詐欺や自分の甘い考えからである。他人に任せていればお金が勝手に増えるという甘い誘惑はよくない。やめるべきである。

より良きところに住め

家はただ住むものではなく幸せな生活と密接に関わっており貯金を増やすモチベーションとなる。いいところに住むと環境が変わるということ。環境が変われば自分の人生も変わりやすくなる。

よくいうのは場所であるがここで言えるのは住む場所だけではない。仕事の環境や遊び場所も絶対にいいところに投資をして住むべきである。特にフリーランスや独立をしているのであれば自分の仕事ができる場所は絶対に投資をすべき。300円ほどのカフェ代で最高の仕事ができるのであればお金を払い、その300円は絶対にお金を回収できるほどの仕事をすべきである。

今日から未来の生活に備えよ

「コツコツ積み立てていけば、老人になって働けなくなった自分や、自分が死んだ後の家族に、貯えを残すことが出来る」

「今」だけを見るのではなく、「未来」のために種をまくことが大切。未来はお金を増やすものに投資をするのだ。金融投資よりレバレッジをかけたいのであればまずは人に投資をすること。人は絶対な資産になる。たまに言われることとして人に教える時間を自分のスキルを伸ばせばいいと言われる。だが言わせてもらうが時間は有限である。

できるのであれば分身を増やすこと。自分の分身を何人にもしたほうが長期的に見ればお金は増えるし自分の時間も増える。自分一人の身体では労働の限界があるのだ。そのために人を投資をすること。

自分こそを最大の資本にせよ

「富を手に入れる為には、行動することが必要」

行動をしたものは経験を手に入れ行動しないものには富を手にできない。身体が資本である。まず健康でないのであれば自分で健康を意識すること。カロリーやヘルシーなものをっ食べようとするのではない。自分にとっておいしいものを食べること。そうすればすべての栄養がエネルギーになる。

そのうえでスキルを高めるのである。スキルはまずは需要があるものを勉強しそれに自分の好きなものを掛け合わせる。これが最強である。例えば古のマーケテイングのスキルに加えて自分の好きなことを掛け合わせること。これでも十分にビジネスになる。まずはスキルよりも健康を重視しよう。

終わりに

収入の10分の1を貯金することがすべての僕の始まりである。毎月コツコツと5000円以上を貯金すること。それで年に僕は10万円ほど貯金することができた。貯金ができたうえではじめて自分の好きなビジネスに投資ができるのだ。

例えばホームページがしたいのであればWordpressの有料テーマを購入することができる。そのうえでWordpressテーマは資産になるので何回も使いまわることができる。そういう風に考えてよりいいホームページを作れるようにするとクライアントも喜ぶ。その高速回転で自分のビジネスを拡大させることだ。

アルカドは生徒百名を集め、お金持ちになるための七つの道具は必ず役立つ知識。小説版もあるのでおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました