【チェンソーマン4巻】ネタバレ感想

暮らしのモノ

チェンソーマン4巻ネタバレあらすじ

アキが重傷を負い、パワーは逃亡…… 延いては姫野が死亡と大ピンチの中、デンジはチェンソーの姿で刀の武器人間に斬りかかります。

しかし相手は相当な猛者であり、なかなか攻撃を当てることが出来ません。あまりに速い攻撃により、胸のスターターを引く前に即死してしまったデンジ。

話は変わり、新幹線内で銃撃を全身に浴びたマキマが、なんと立ち上がったのです。

「私は撃たれなかった」と彼女は述べます。新幹線の車内には、マキマを襲った一味の死体が転がっていました……。

京都に到着したマキマは、東京で公安が襲撃を受けたことを知っている様子。

そこで彼女は、「法務省から終身刑以上の犯罪者を30人ほど」借りてくるよう黒瀬に指示。また、天童には「できるだけ標高が高い神社」を貸し切るよう指示をしました。

場面が変わり、デンジの死体を車に運ぶヤクザら。その時、デンジの運搬役を務めていた男性の一人が、上から圧し潰されて消し飛んでしまいました。。その男性だけでなく、今回の公安襲撃に関わった人物らが、次々と圧殺される様子が描かれます。

そんな超人的な技をやってのけたのは、マキマでした。

(中略)

チェンソーマン4巻感想

マキマの能力が発覚したが怖すぎる。病室で目を覚ましたアキは4課の生き残りがコベニと円のみであることを告げられます。”釘”の刀を抜いて「呪いの悪魔」カースに残りの寿命を問うアキ。カース曰く、アキの残り寿命は「2年」。アキが涙を流します。それを見ているデンジが感情が少し鈍くなっているのかもしれません。

もしかするとチェンソーマンになって少しずつ自分の感情が失いつつあるのかもしれない。アキはその後未来の悪魔と契約をする。「未来最高と言いなさい。」こういうやつはおもろいに決まっている。

アキの未来を視た未来の悪魔は、「お前の右目に俺を住ませろ!」と言い出します。アキは、特に自身の犠牲は伴わない比較的軽い契約内容に驚き、未来の悪魔は最悪な死に方をするとアキに言った。アキはどんな死に際になるのか。あまり早川アキ担当に辛いかもしれない。しかし、そういうことを簡単にするのが藤本タツキだ。死んだとしてもいつかまたアキはどこかで現れるであろう。

タイトルとURLをコピーしました