コーチングを独学勉強で役に立った本まとめ

暮らしのモノ

「独学でコーチングを学びたい」

「コーチングの基礎知識を網羅的に得たい」

と思った時、私のおすすめの方法は、まずは5冊〜10冊程度のコーチング本を読むこと。複数の本を合わせて読むことで、コーチングの基礎知識を網羅的に得ることができると思います。

ただし、その時に大事なのが「自分のレベルにあった本」を選ぶことです。

コーチング本の中には、コーチングの先生(コーチを育てる人)が読むような専門的なものもあり、そのような内容は初心者や、ただ「実践したい」「スキルを身につけたい」という人には会わない場合もある。

ただコーチングで言えるのは安売りをしているコーチングスクールには行くのはおすすめしない。そしてコーチングを学ぶのであればマンツーマン指導で一緒に頑張れる人を探すこと。お金も安売りしているところは行かない方がいい。

1人1人に合わせた内容にカスタマイズすることが可能で確かな成長を実感出来るものが本来のコーチング。スクールで同じような内容を受けるのであれば本でいいと思います。

また、人を生かし育てるリーダーのためにコーチングを学ぶうえではいいもの。そういったマンツーマンでのコーチングサービスを探したところCoachEd(コーチェット)がありました。コーチングは基本的にグループで学ぶことはまずおすすめしないのでマンツーマンのものを選びましょう。

コーチングの土台を学ぶ『コーチングの基本』

コーチングの基礎知識について網羅的に書かれたテキストで、コーチングについて学びたい人は最初に読むべき本。

  • コーチングの考え方
  • コーチングマインド(コーチングする人が持っておくべきマインド、姿勢)
  • コーチングの具体的な手法
  • コーチングの実践例

などが詳しく、分かりやすく書かれています。

特にコーチングが実際のシチュエーション、会話の中でどのように使われるのか、具体例と共に説明されていたので、イメージが湧いてとても勉強になる。

目標を叶える『ザ・コーチ』

「目的」「ゴール」「目標」「ビジョン」の違いを知るための良書。

営業マンの主人公が公園で出会ったコーチからコーチングを受け、その中で自分の夢を見つけ、実現していく物語だ。

中高生でも読めるような平易な文章で書かれており、数時間程度で読み終わるような文量です。しかし、コーチングのエッセンスが詰まっているため、これを読むだけでも、目標達成のために身につけるべき考え方が身につきます。

深掘りの質問『すべては「前向き質問」でうまくいく』

コーチングで重要とされる技術には、承認以外にも「質問」があります。コーチングは、クライアントとの対話の中で、質問によって相手に気づきを与えて行動に促すもの

深掘りをするためにまずは1つの話題を深掘りすることに気を付けてみよう。

終わりに

コーチングの手法を本当に自分の血肉にしたいのであれば、実際にコーチングを受けてみる、勉強することをおすすめする。まずコーチングを学びたいのであれば基本的に安売りしているところは行かない方がいいい。あまり参考にならない。

コーチングを受けると、実際にどのようにセッションが進められ、自分の考えがどのように変わっていくのか実感することができるため、本当に勉強になります。

コーチングの本来受けるべきことは当たり前のことを知ること。そしてそのうえで自分のありたい姿を目的におきスタート地点を知ることだ。自分が生きていく中で生きやすい道を作るといいだろう。

もし、ほんとうにコーチングを学びたいのであればマンツーマンでのコーチングサービスを探したところCoachEd(コーチェット)がいいと思う。

タイトルとURLをコピーしました