毎日仕事で泣いて辞めたい話

仕事のコト

今回は“毎日仕事で泣いて辞めたい”をテーマに話す。

仕事を辞めたいというと、「甘えている」とか「ガマンが足りない」など言われてしまうこともある。本当に仕事を辞めたいと感じる気持ちは「甘え」なのか。

仕事を辞めたいと思うことは甘えなのか、辞めたいと感じる理由にはどのようなものがあるのか。辞める前にできることはないかについても交えてお話しします。

仕事を辞めるのは「逃げ」なのか?

仕事をしていると、誰しも一度は「仕事を辞めたい」と感じることがあるのではないでしょうか。仕事を辞めたいと感じた理由次第では、甘えではないかと考える人もいるかもしれません。仕事を辞めたい=甘えと取られることもあることから、マイナスな感情として捉えられがちです。

仕事を辞めたいと感じることは本当に甘えなのでしょうか?

その結論を出すためには、なぜ辞めたいという感情が芽生えるに至ったのか、その原因を考えてみる必要がありそうです。

仕事を辞めたいという感情が、甘えなのか甘えではないのかについて、さまざまな角度から見ていきましょう。

“逃げ”ではない!その理由とは?

結論からいうと、仕事を辞めたいと思うことは「甘え」でも「逃げ」でもありません。

根本的に仕事を辞めることと甘えとは、別問題として考えるべきではないでしょうか。もちろん理由によっては甘えと受け取られることもあるかもしれません。辞めたいと感じることが甘えになってしまうのであれば、たとえ何があっても「頑張るしかない」と追い込まれ、辞めたいと感じた本質を見失ってしまいかねません。

なぜ仕事を辞めたいと感じたのか。その原因と解決法を見つけるためにも、甘えという言葉は排除して、辞めたい理由を分解して考えていく必要がある。

人間関係で辞めたい場合の対策

人間関係で仕事を辞めたいという場合は、全部ではないが自分にも責任がある。

いじめてきたり叱ってくる人に対して弱いと思われているからだ。だから自分を変える必要は絶対にある。逃げてもいいが1度はいじめてきた人に吠えろ。法律に反してはいけないけどね(笑)。

だが私はこんなに弱くない!あなたの方がみじめでかわいそうなんだ!と思い知らせよう。もしかするとあなたの見た目にも問題がある。鏡を見よう。自分のことを弱いと思われる理由が分かる。だからできるのであれば自分を変えてから仕事はやめよう。

まずは見た目から見た目でほとんどは評価する。その後に中身を見るからね。まずは自分が納得のいく服装にすること。かっこいい大人やきれいな女性だと思う人を真似てみよう。それだけでちょっとは変わる。ただ高価なものを身に着けることと自分が納得できることを身に着けるのは違うから気をつけよう。

会社を辞める準備をするために

転職先や方向性を検討するべき。

仕事を辞めたいと感じた理由に向き合うとき、本当に辞めれば問題が解決するかどうかを考えることはとても重要なことです。今抱えている悩みや問題は、現職場を辞めることで本当に解決するのでしょうか。

もしかしたら職場環境ではなく、仕事内容に対しストレスを抱えていませんか?そうであれば転職する場合、思い切って今とはまったく異なる業種や職種に転職するよう方向性を変更してみることもある。

やりたいと考えている仕事は、自分にとって負担になっていないか。一度冷静に考えてみてください。仕事内容が自分に合わずやる気や意欲がなくなっていたのであれば、同じ職種や業種に転職してもまた同じことが繰り返されるかもしれません。

そうならないためにも、原因をはっきりと把握し、可能であれば転職の際は大きな方向転換も持さない覚悟も必要だ。

終わりに

毎日仕事を辞めたいと思う気持ちはもしかすると自分を助けてくれないかと他の人に求めているかもしれない。ただ言えるのは自分が変わらなければ何も変わらない。泣いてばかりではなにも進まない。

人間関係で泣いているのであればまずは吠えろ。そして自分を変えよう。見た目を変えると意外にも中身も自然と変わる。見た目を気にしない人なんて言うのはその人がかわいいかかっこいいから。多くの人は見た目から。そのうえで話を聞いて中身を見てもらうことが大事。

タイトルとURLをコピーしました