シャープペンシルで太線を手軽に『CUBEPENCIL(キューブペンシル)』|芯3mm専用

日用品

鉛筆の芯をボールペンのように入れかえて使えるシャープペンシル。日本ではまだあまりなじみが薄いですが、鉛筆のやわらかな書きごこちとシャープペンシルの機能性を併せもった新しいシャープペンシル。

イラストを描きたいとき。建築模型や工業デザインの設計図。他にも漫画やデッサンにも活用できる便利なシャープペンシル。

シャープペンで太線を手軽に『CUBEPENCIL』

シャープペンシルで太線を手軽にというネーミングの「CUBUPENCIL(キューブペンシル)」。建築の模型や工業デザイン、デッサン、軽いスケッチにご活用を。

シャー芯も2mm、3mm、5mmの3種類。

シャー芯の中でもノートを手軽にまとめたいのであればこのシャープペンはおすすめ。手軽に太い線をかけてしまう優れもの。

悪いところはただ1つ。価格帯が一般のシャープペンの芯よりも高く、本数も少ない。デザイナーや建築士には変える価格帯だが学生が購入できる金額ではないのがデメリット。お金がない学生には少し向いていないかもしれない。

一番のシャー芯の太さは3mm。ノートに大事なところには太線を文字の下線部として代用。ノートの取り方は基本的にシンプル。黒と赤ペン。そして「CUBEPENCIL(キューブペンシル)」

終わりに

学生が購入できる価格帯にしてほしい。そして「CUBEPENCIL」は海外でしか購入できない。日本では入手できないので少し日本でも作ってほしい。シャー芯の太いものが欲しいと思っていたところ。小学生の頃にこういう商品がありほしかったので探したところあったのでよかった。

タイトルとURLをコピーしました