【ダンダダン】キャラクターや巻数ごとの感想まとめ

暮らしのモノ

霊媒師を祖母に持つ女子高生、綾瀬桃は、宇宙人の存在は信じていないが幽霊は信じている。オカルトマニアの男子高校生、高倉健は、幽霊の存在は信じていないが宇宙人は信じている。

ある日、高倉健似の人生初の彼氏に振られた桃は、偶然見かけた健をいじめから庇う。健は話しかけてきた桃を同好の士と勘違いするが、オカルトに対して正反対のスタンスを持つ二人は取っ組み合いになり、「自分の信じるものの存在を証明出来たら相手をパシリにする」という勝負をすることなる。

互いが指定した「UFOスポット」「心霊スポット」で奇しくも同時に宇宙人と妖怪に遭遇してしまった二人は、互いの理解を超越した怪奇の世界へと足を踏み入れていく。

【ダンダダン】巻数ごとのネタバレ感想

【ダンダダン1巻】ネタバレ感想

場面はとある女子学生がヤンキーらしき男性に金をたかられている場面から始まります。

男曰く、金を貸してくれないならデートは無し、ただしラブホテル代を彼女もちでヤラせてくれるなら構わない、などと抜かしています。

【ダンダダン2巻】ネタバレ感想

【ダンダダン】キャラクター

ギャルこと綾瀬桃(あやせ もも)

本作の主人公の1人。いわゆるギャル。

宇宙人の存在は信じていないが幽霊の存在は信じている。霊媒師の祖母を持ち、幼少期に周りからそのことでからかわれたことから、祖母に対して素直な態度を取れずにいるが、実際はおばあちゃん子であり、幽霊なども信じている。

俳優の高倉健の大ファンであり、容姿や性格などに高倉健の要素を持つ男性に惹かれる。同姓同名で口調なども似ている健のことも意識してしまっており、意図的に『オカルン』というあだ名で呼んでいる。健とは友人同士だが、互いのことをそれ以上に意識している描写もある。

健とはいじめから庇ったことで関わりを持ち、彼との「勝負」をきっかけとして怪異と深くかかわっていくこととなる。勝負の際にセルポ星人に誘拐されたことで超能力に目覚め、人や妖怪、物体のオーラを掴んで、自由に動かせるようになる。祖母の星子の見立てによれば、今はまだ力を封印された状態らしい。

超能力以外にも揺るぎない胆力と機転の速さを持っており、真っ向から怪異に立ち向かい制圧していく。

オカルンこと高倉健(たかくら けん)

本作の主人公の1人。通称:オカルン。いわゆるオタク。

幽霊の存在は信じていないが宇宙人の存在は信じている。幼少から友人がおらず、宇宙人なら友達になってくれるかもしれないという思いからオカルトに傾倒していくが、それによってさらに孤独を深めてしまっていた。

桃とはいじめから庇われたことで関わりを持ち、彼女との「勝負」をきっかけとして怪異と深くかかわっていくこととなる。勝負の際にターボババアにイチモツを奪われたことで呪われ、周囲にも呪いを振りまく媒介にされてしまうが、桃の協力を得てターボババアの力を利用できるようになる。当初はおかっぱのような髪型だったが、一度変身してからは無造作なパーマヘアーのようになった。

基本的には控えめで卑屈な性格をしており、気負いなく人と接することも不得手。喧嘩や戦闘などはもってのほかだが、桃と同じく土壇場では度胸と機転を発揮する。義理堅く優しい人物でもあり、桃など人のために動くときには力を発揮することができる。桃とは友人同士だが、互いのことをそれ以上に意識している描写もある。

【ダンダダン】読んだ感想

「UFOスポット」「心霊スポット」で奇しくも同時に宇宙人と妖怪に遭遇してしまった二人は、互いの理解を超越した怪奇の世界へと足を踏み入れていく。おばあちゃんなのに走るのが早すぎる「ターボババア」。2021年4月6日に「ジャンプ+」で連載が始まった。第1話が公開されると、その面白さがSNS上で話題を集め、なんとわずか2日間で100万PVを突破したという。その後、3話続けて公開から1週間以内に100万PVを突破した快挙。

化物には化物をぶつけるという発想が好き。毎回、奇怪な化物を前に見ると鳥肌が立つが魅了をされる。天空の城ラピュタのロボットに近い感じ。怖いけど魅力的なキャラクターが詰まっている。

タイトルとURLをコピーしました