【読んだ感想】エッセンシャル思考あらすじとネタバレ|最小コストで最大の旨味

暮らしのモノ

Apple、Google、Facebook、Twitterのアドバイザーを務める著者の99%の無駄を捨て1%に集中する方法とはなんなのか。本書で紹介するエッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術でだけではない。

エッセンシャル思考-最小の時間で成果を最大にする-』本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための方法論であり、ものごとをスムーズにさせるための1冊である。エッセンシャル思考が目指す生き方は「より少なく、しかしより良く」。そのためには、ものの見方を大きく変えることが必要になるが、時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。

【要約】エッセンシャル思考のアウトプット

エッセンシャル思考は「自分の最大化を知るためのテクニック」である。大事なことを見極め、自分の時間とエネルギーを最も効果的に配分し、最大の成果を上げるのが狙い。

優秀な人ほど、「自分の目指す方向性がわからない」という成功のパラドックスに陥りやすい。成功を目指して進んだ結果、「頼れる人」という評判を得て、多様な仕事を振られるようになる。それらを引き受けた挙句、時間とエネルギーが拡散され、やるべきことができず、本来の方向性を見失ってしまうからだ。

まずは「選択」し次に、「ノイズ」。最後に、「トレードオフ」。本当に重要なことにイエスと言うには、その他全てにノーと言わなくてはいけない。

エッセンシャル思考|目次

1.エッセンシャル思考とは何か

2.見極める技術

3.捨てる技術

4.しくみ化の技術

PART1エッセンシャル思考とは何か

第1章 エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考

第2章 選択

第3章 ノイズ

第4章 トレードオフ

PART2 見極める技術

第5章 孤独

第6章 洞察

第7章 遊び

第8章 睡眠

第9章 選抜

PART3 捨てる技術

第10章 目標

第11章 拒否

第12章 キャンセル

第13章 編集

第14章 線引き

PART4 しくみ化の技術

第15章 バッファ

第16章 削減

第17章 前進

第18章 習慣

第19章 集中

第20章 未来

最終章 エッセンシャル思考のリーダーシップ

読んだ感想

精神は遊びを求めているので仕事と遊びの関係性を知ることが大事だということを書いてあった。本書では「内なる子供の声を聴く」とあったのだが、ある程度自分の好きなことを極めると分かる時がある。個人的に子供の声を聞いたときは夢に近い感じだった。子供が何人もおり話し合いをしている感じ。自分の中の本能なのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました