【有機混合肥料】evo/エボが大人の趣味を加速させる |植物を育むアイテム

植物と道具

【evo/エボ】植物が元気になる肥料の成分

植物が元気になる肥料の成分はおすすめ。

窒素全量:2.6%、りん酸全量:5.9%、加里全量:3.0%、亜鉛全量:2900mg/kg、炭素窒素比:8.8<原料>豚ぷん、鶏糞、牛糞、チップ、動植物性残渣、おがくず、わら【肥料の名称】有機混合肥料【肥料の種類】たい肥

が主な成分。何がいいかと言うと有機の腐食肥料が入っていること。

植物が育つには地上の栄養が一番。その中では動物性の成分も必要である。その中で鶏や牛の糞が混合されている肥料がいい。そして、この容器。植物を育てている人には心をくすぐるアイテム。手を汚すことなく、栄養が足りないと思ったら植物の茎元からクイックイと回しながら与えることができる。

終わりに

学生の身分であり欲しいと思ったが心を鬼にして断念。個人的にはビービー玉より少し大きいくらいの球体の固い有機の腐食肥料をパックにして販売していると社会人になったとき嬉しい。球体の有機肥料を潰して、パラパラとまぶす。Evo(エボ)の容器も素晴らしいもの。植物を育て始めて楽しくなってきてしまった。

タイトルとURLをコピーしました