FP3級を独学で合格するまでにしたこと

日用品

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

ファイナンシャル・プランナーは、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種のこと。略してFPとも呼ばれる。 

FP3級の難易度は?

FP3級の合格パーセンテージは受験者のおよそ7割から8割ほど。

多くの方が独学でも受験し合格することも可能。FP2級を最初から受験することが要件としてFP3級の資格を持っていること。または、指定の講義内容を受講しないといけないみたい。なのでFP3級から勉強する人が多いかも。FP3級は年に3回受験があり、1月・5月・9月にある。

【FP3級】合格するため独学勉強方法

FP3級の出題形式

学科試験

マークシート方式で60問が出題される(きんざいで受けてもFP協会で受けても変わらない)。 マークシート方式ですから、出題形式は選択問題ばかりですが○×式の出題と三答択一式の出題とがあります。 FP3級の学科試験はかなり問題の範囲がとても広く指定される。60問中6割である36点を取れば学科試験は合格。

実技試験(きんざい・個人資産設計業務)

出題形式: 大問5問、それぞれに三肢択一式が3問ずつ、計15問 各大問10点で計50点満点
合格基準: 50点満点で30点以上(6割)
出題分野:
A分野・・・ライフプラニングと資金計画
B分野・・・リスク管理
C分野・・・金融資産運用
D分野・・・タックス・プランニング
E分野・・・不動産
F分野・・・相続・事業承継

1問は3点から4点で出題される。

FP3級合格のために使ったもの

参考書

一番のおすすめの定番参考書はTACのみんなが欲しかった! FPの教科書 3級 。問題集と参考書があるが参考書は絶対に買っておいた方がいい。

FP3級過去問道場

FP3級の過去問がランダムで解くことができる優れもの。

FP3級過去問道場は使わない手はないので電車の通勤時間や空き時間に使ってほしい。

FP3級を受けるメリット

控除が理解できた

FP3級を受けるメリットは、お金と暮らしにまつわる幅広い金融知識が得られる。年金、生命保険、相続など、人生のライフイベントには、お金に関して考えないといけないことがたくさんあり勉強しないとだれも教えてくれない。

一番FP3級を勉強していてよかったのは学生の上で年間103万円以上稼いでいけない理由が分かった。稼いでいもいいのだが、親の控除が効かなくなるので母親に103万円以上はバイトをしないでほしいと言われたのが理解できた。他にも相続や株式のことなども体型的に大枠ではあるが知ることができたのでよかった。

自分自身の資金繰りに役立つ

FP試験の勉強では税金や保険の活用など、お金に関する幅広い知識を学ぶことが出来るため、単なる資格勉強としだけでなく自分の家計や生活設計にも生かすことが可能。僕自身貯金残高が5000円を切っていた時がありましたがバビロン大富豪の教えを読んでFP3級の受験をして合格し資格を取得しました。

例えば、FPの勉強をすると税金の仕組みがわかるため、給料明細の控除されている項目がどのような理由で引かれているかなどが分かるようになるでしょう。

投資などの資産運用が身近になる

FPの試験勉強では資産運用に役立つ内容もしっかりと学ぶことができます。投資信託や株式投資など、聞いたことはあるけど細かい仕組みはよく分からない金融商品は多いのではないでしょうか?また外貨を用いた資産運用などについても勉強するため、世界経済についての知識も身に付けることができます。資産運用の勉強を生かせる例として、不動産投資であれば、家を買ったり借りたりするときの条件や資金について、計画や交渉があります。

積立NISAもいいですが投資の概念には始まりがあれば終わりもあります。僕的には僕が好きな会社に投資をして跳ね上がるを待つためにもある程度のお金の知識が必要だと思い勉強しました。

FXをするのであれば株式会社DMM.com証券の口座開設をしてみよう。

FP3級は一生ものの資格

国家資格の中には数年ごとの更新が必要で、そのためにその資格に関連する業務経験が求められるものがあります。しかし、FP技能士の資格は一度取得してしまえば有効期限がないので業務経験が求められることがありません。また、3級は難易度が非常に低く合格率も7割~8割程度となっています。ただ舐めてかかると落ちます(笑)。僕は1度落ちました。1発で受けたいのであればECCビジネススクールFP通信講座があります。

合格実績は全国平均の2倍を誇るECCビジネススクールのFP通信講座。他校より高品質の講座を他校よりも安く提供。過去4年間の合格実績1万人の実績を持っています。

教材を買って勉強すれば資格取得までに必要な時間も数週間から1ヶ月程度で済むので、極めてコスパが良い資格と言えるのです。まずは3級を取得してから2級、さらに1級を目指す人が多いです。まずはしっかりと3級の勉強をして次のステップアップの土台をしっかりと作りましょう。

終わりに

僕はきんざいの個人資産設計を受験したが、どちらかというと日本FP協会の方が実技試験が範囲が少し広いかもしれないが難易度はそこまで難しくみたい。なので、FP3級の資格を最短で取得したいのであれば日本FP協会のFP3級の受験を受けることをおすすめする。

僕自身中学の頃に親に借金の愚痴を言われ続けて頭を悩ましたことがあった。お金の知識は誰も教えてくれないので正直お金の専門家か自分で資格や本を読んでしか身につかない。教えてもらう分にはFP通信講座で勉強して1発合格を目指すといいと思う。いきなりFP2級を受講するには何か講座を受講する必要があるので気を付けてほしい。

>>きんざいホームページ

>>日本FP協会ホームページ

タイトルとURLをコピーしました