【葬送のフリーレン1巻】ネタバレあらすじ感想

暮らしのモノ

2021年度マンガ大賞受賞した『葬送のフリーレン

10年かけて魔王を倒し、世界を救った勇者一行。その50年後、勇者ヒンメルはかつての仲間たちと再会し半世紀流星を見た直後、その生涯を閉じた。仲間のひとりであるエルフ族のフリーレンは、長命ゆえに人間とあまり関わらなかったが、10年の刻を共にした友の死をきっかけに、人と関わり、人を知ることを決める。

これは、「冒険の終わり」から始まる物語。

【葬送のフリーレン1巻】ネタバレあらすじ

勇者一行の4人は魔王を倒して冒険が終わってから50年後に再開し、50年前に一緒に見た半世紀流星を再び見ることができた数日後に寿命を全うしたヒンメルは永い眠りについた。

10年間一緒に旅をした彼の死を受けて「なんでもっと知ろうと思わなかったんだろう」と後悔の涙を流すフリーレン。

そうして彼女は趣味の魔法収集の傍かたわら“人間を知る”旅に出ることにした。20年後、彼女が買い出しのついでにハイターの家に寄ると彼はまだ生きており、災害孤児だった見習い魔法使いのフェルンという少女の世話をしながら一緒に暮らしていました。

「借りを返しにきた」という彼女に、ハイターは「5.6年はかかる魔導書の解読」と「その片手間にフェルンに魔法を教えてあげて欲しい」とお願いします。

【葬送のフリーレン】第1話冒険の終わり

勇者ヒンメル、戦士アイゼン、僧侶ハイター、魔法使いフリーレンの勇者一行は魔王を倒し王様に報告しています。王様が広場に勇者一行の彫像を作ってくれるそうで、広場で酒や食べ物を楽しみながらこれまでの10年の冒険を振り返っている。

50年に一度の流星群、エーラ流星を四人で眺めながら、平和な時代の幕開けには丁度いいな、とヒンメルは呟きます。フリーレンはエーラ流星がもっと綺麗に見える場所を知っているから案内するよ、と言い50年後に再び流星群を見ようと皆で約束をします。

【葬送のフリーレン】キャラクター

フリーレン

かつて勇者ヒンメルと共に魔王を討伐した勇者パーティの一員。歴史上最も魔族を殺したと言われる魔法使いで「葬送のフリーレン」の異名を持つ。エルフ族の数少ない生き残りのひとりで、年齢は少なくとも1000歳を超えている。

ヒンメルの死後、かつての仲間のことを何も知らなかったと気づかされ、彼を悼む放浪の旅に出る。卓越した実力を持つ魔法使いだが、元々地位や名誉に興味がなく、魔王討伐から長い時間が過ぎていることもあって、ほとんどの人々から忘れ去られた存在になっている。

長い寿命により得た膨大な魔力に加え、魔法の知識や技術も非常に卓越している。さらに長年で培った研究、実戦経験や多種多様な魔法も備えており、純粋なスペックは作中でも最強格。

常に己の魔力を制限しており、外観で認識できる魔力は人間の熟練の老魔法使い程度。魔族が魔法に誇りを持ち魔力を隠さない習性を持ち、見た目の魔力で油断した魔族を不意打ちで殺すためである。

フェルン

フリーレンの新たな旅に同行した人間の少女。

フリーレンの魔王討伐の旅で僧侶だったハイターが聖都の司教を引退して隠遁生活を送っていた際に自殺をしようとしたところ引き止め育てた戦災孤児。

自らを救ってくれたハイターを敬愛しており彼への恩返しの為、一人で生きて行く為の術として魔法を取り組みフリーレンの新しい旅に参加する頃には一人前の魔法使いとなった。

その才能はフリーレンの師匠であるフランメの師匠ゼーリエが自分の弟子にとスカウトするほど。

基本的には生真面目でズボラなところがあるフリーレンの保護者役を務める。その一方で育ての親であるハイターの影響か「酒は百薬の長」と言って好ましく思っている。

旅仲間のシュタルクに対しては同世代ということもあってかやたら辛辣な態度が目立つが異性として意識してる模様。老練の魔族殺しの魔法使いであるフリーレンから魔法を学んだからか魔族を殺したことに特化した老魔法使いのような戦い方を得意としている。

シュタルク

フリーレンの新しい旅の仲間。かつての仲間であるアイゼンの弟子の戦士。臆病でヘタレだが周囲に期待するとそれを裏切れない誠実な人物。故郷は戦士の村で実家では結果を出せなかったためあまりよろしくない扱いを受けていた。

しかしその素質は師匠であるアイゼンが恐怖するほどのもので事実旅に出てからの彼は

竜を怯えさせる・谷にデカい亀裂を作る・魔族に斧で攻撃されても碌にダメージを与えられない・体を貫通される攻撃を受けても数日で回復し腕立て伏せができると無茶苦茶な戦果を出している。

コミカルなところがある愛すべきヘタレで冒険のコメディリリーフとして活躍している。フェルンからは辛らつな言葉を浴びせれらることが多いが互いに互いを意識している節もある。

【葬送のフリーレン1巻】読んだ感想

単行本葬送のフリーレン1巻は、第1話から第7話まで。

第7話では大魔法使いで師匠のフランメの手記にあるとおり、魂の眠る地(オレオール)を目指しそこでかつての戦友、フリーレンの場合は勇者ヒンメルと対話すること。ただし、魂の眠る地(オレオール)は魔王城がある場所にあると聞いている。魔物や魔族との戦闘もあり、バトル展開が好きな方も期待出来る。

大魔法使いフランメの手記を探すのを手伝えというアイゼン。その手記には死者と対話したとされる記録が残っているとされた。ヒンメルと話せるようにとハイターとともにフリーレンの手助けがしたかったと言うのでした。

フリーレンには場所が分かるはずだと言うアイゼン。フリーレンはフランメの一番弟子だったことから意味が今後分かるような話を期待している。

タイトルとURLをコピーしました