鷹見啓悟(たかみ けいご)/ホークスの個性とは|僕のヒーローアカデミア

暮らしのモノ

今回は鷹見啓悟(たかみ けいご)であるホークスについて探っていく。僕が読んだところではトゥワイスを仕留めたものの荼毘の炎をくらって重傷を負ってしまい、止めを刺される寸前でツクヨミに助けられたシーンが熱かった。ホークスは背中に大火傷を負ったがその後回復した。

ホークスの本名は鷹見啓悟(たかみ けいご)

ホークスはヒーローの名前であり本名は鷹見啓悟(たかみ けいご)。“個性”は剛翼。剛翼の能力は背中に生えた固くしなやかな羽を1枚1枚思いのままに操れること。羽には振動を感じ取る機能があり、ホークスの視界に入らなくとも羽で周囲の状況を読み取って操れる。ただし背中の羽が減ると同時に飛行が不安定になる欠点がある。

鷹見啓悟(たかみ けいご)のプロフィール

22歳。誕生日は12月28日。身長は172センチであり意外に高い。好きなものは鶏肉。実は雄英高校卒業者ではない。18歳でデビュー後河畔期にはビルボードチャートトップ10に入る。世間からのネーミングは“速すぎる男”。性格はマイペースだが信念ではヒーローが暇をもてあそぶ世の中にしたいという熱い思いを持つ。

ホークスの幼少期

ホークスの幼少期は強盗殺人犯の父親を持っていた過去があった。ホークスの父親は結局はエンデヴィーによって逮捕され、その束縛から解放された。その恩をエンデヴィーに返すために記者会見では助けた。

まとめ

ホークスがヴィランとして裏切った模様もあったが内部を調査するためだった。結果的にベストジーニストを殺害はしていないことが判明した。ホークスを師匠として慕っている常闇。荼毘にやられたホークスの危機を察し、ファットガムから抜け出して助けに駆けつける。荼毘の炎の影響で黒影の力が出せず、手も足も出なかったが、何とかして逃走に成功し、ホークスを救護班の元へ連れて行くため、戦線離脱。師弟の関係も感じつつ信頼関係があることがよくわかる一面だった。

いろいろと調べて書いたがやっぱりホークス強い。

タイトルとURLをコピーしました