【高校不登校】大学受験をするための勉強方法

Lifestyle

高校でいじめや学校不振で行けなくなって家で引きこもっている。だけど大学には行きたいのであれば勉強はすべき。おすすすめプロ講師の神授業を受けられる志望大対策講座であるスタディサプリ特別講習に加えて専属の家庭教師をつけてもらうこと。

塾に行くのもいいと思いますが、できるのであれば自分のペースで勉強した方がいいです。できるのであれば勉強の計画や毎日できることタスクも考えてくれる家庭教師だと一番いいでしょう。

ゲーム、アニメ、イラストなどを学びたいのであれば【アミューズメントメディア総合学院】がおすすめ。 アミューズメントメディア総合学院であればクリエイティブな勉強ができます。資料請求ができるのでこちらから送ってもらいましょう。

不登校中でも勉強できる5つの方法

ここでは、不登校中でも勉強できる5つの方法を具体的に紹介します。子供に合った勉強方法を活用して、学力と自信を少しずつ取り戻しましょう。

学校の教科書や参考書による自主学習

自主学習は、学校の教科書や市販の参考書、問題集などを使って勉強する方法です。集団生活や対人関係に悩むことなく、自分のペースで勉強を進められます。

費用を抑えられるというメリットもある反面、孤独感からモチベーションを保ち続けることが難しかったり、わからない時に誰かに質問できなかったりといったデメリットもあります。苦手科目や自分1人で取り組むことが難しい場合は、塾や家庭教師などと併用するのもおすすめです。

インターネットや郵便による通信教育

インターネットや郵便による通信教育で勉強する方法です。定期的にテキストや動画が送られてくるので、自宅で勉強する習慣やモチベーションをつくるのに役立ちます。

学校の教科書に合わせたものや志望校に向けてなど、希望に沿った教材選びができることも通信教育サービスの魅力です。一方で、勉強する習慣がついていないと教材を溜めてしまったり、サービスによっては質問に対してすぐに教えてもらいにくいデメリットもあります。

最近ではインターネットの発展により、オンライン学習サービスも充実しています。スマートフォンやタブレットからも学習できるので、気軽に取り入れられる勉強方法として検討してみてください。

マンツーマンで指導なら家庭教師

家庭教師を雇い、マンツーマンで指導してもらうのも効率の良い勉強方法です。対面で教わる形式のほかに、ビデオ会議などを利用してオンラインで教えてもらう形式もあります。

家族以外の人と話す機会が得られたり、自分に合う先生の指導を受けられることは、勉強のモチベーションも保ちやすいです。また、学習内容も個人に合わせて融通が利きやすいのもメリットとなります。

ただし、他の勉強方法と比べて費用が高くなりやすいです。

出席扱いにもなりえるフリースクールや適応指導教室

フリースクールとは、不登校などに悩む中学生以下の生徒を対象に支援する民間の教育機関です。学習支援のほか、相談やカウンセリング、レクリエーションなどの企画があったりと運営方針によって特色が異なります。

学校復帰をゴールとしない施設もあるので、自分に合ったフリースクールが見つかれば新たな居場所となります。また、在籍している学校からの承認があれば、フリースクールの通った日数を学校の出席扱いとすることも可能です。

適応指導教室も不登校児向けの教育機関ですが、フリースクールとの違いは、市町村の教育委員会が運営している点です。費用があまりかからないことはメリットになります。

こちらも学校からの承認があれば、適応指導教室へ通った日数を学校の出席扱いとすることも可能です。ただし、適応指導教室は「不登校児を本籍地の学校へ復帰させること」を目的として運営しています。

学校そのものに抵抗があるとかえって負担が大きくなる可能性もあるので、無理をさせないように注意が必要です。

自分のペースで学べる通信制高校

高校生の場合、今通っている高校を退学し、通信制高校に編入することも選択肢のひとつです。通信制高校には「学年」というものが存在しません。

学年制ではなく単位制で学ぶことができるので、留年することもないのです。自分のペースで学習し、3年間在籍することで卒業できます。

また前の高校の在籍期間も加算可能なので、ゼロからのスタートにならないことも大きなメリットとなるでしょう。

まずは子供に合った勉強方法を見つけよう

親としては勉強の遅れはとても気になる問題でしょう。学校復帰のためにも不登校中の勉強は必要ですが、なにより「焦らないこと」が大切です。

学校以外でも勉強する環境や方法は多く存在します。通信教育や家庭教師、フリースクールなどその選択肢は豊富です。学校に通わずとも勉強はできますし、通信制高校で自分のペースで高卒資格の取得も可能です。

まずは子供が自分自身でさまざまな選択肢と将来への可能性を広げていけるよう、子供に合った勉強方法から見つけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました