【着たい服がある1巻】ネタバレ感想|常喜寝太郎

暮らしのモノ

「常喜寝太郎」先生の『着たい服がある』という漫画

「自分らしさ」とは、何か。女子大生マミの、誰にも言えない「秘密」。それは、「ロリータファッション」に憧れていること。だが、周りから求められる「自分」と、本当に自分がなりたい「自分」にギャップを感じるマミは、着たい服を着ることに臆病になってしまい……。

【着たい服がある1巻】ネタバレあらすじ

スタイル抜群だと周囲から評価されているマミは誰にも言えない秘密を抱えている。その秘密はロリータファッションを身に纏いたいということだった。

だが長身のマミは家族や友達からカッコイイ女性像を求められています。マミはイメージからズレることを恐れ、自分の着たい服を着ることができない。

そんな彼女の前に周囲の目を気にせず、奇抜なファッションを楽しむ男性が現れました。

男性の存在によってマミは本当の自分を解放していくことになるのです。個性を表現することの難しさを表現した『着たい服がある』。

(中略)

【着たい服がある1巻】ネタバレ感想

本当は可愛いもの(ロリータ)が好きだ外見からカッコいいものが似合い、友達や後輩から憧れられる主人公。本当のことは誰にも話せない。バイト先に新しく入った男の子は人からなんと言われようと好きな服を着るタイプ。

彼に触発され少しずつ、自分に正直に生きようとしてみる主人公。ファッションじゃなくても、人目を気にして「人と違う自分」を持て余している人にすごく刺さる漫画でだった。ネガティブになった時に読んでもらいたい物語。また周囲と自分の間にギャップを感じている人が読むと、勇気が湧いてくる展開になっている。

前を向き大人にオススメしたい『着たい服がある』。自分の好きなことを大切にすると幸せになれることを教えてくれる素晴らしい作品だった。

タイトルとURLをコピーしました