【呪術廻戦】釘崎野薔薇(のばら)は復活する|芻霊呪法(すうれいじゅほう)術式解説

暮らしのモノ

『呪術廻戦』の1年生、釘崎野薔薇。「田舎が嫌で東京に住みたかったから‼︎」を理由に高専に入った呪術師です。綺麗におしゃれして東京を満喫する一方で心も術式も強くあろうと心がけている。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇(くぎさきのばら)とは

都立呪術高専1年生。3級呪術師。本人曰く「盛岡まで4時間かかるクソ田舎」出身。

身長は160センチメートルないくらい。8月7日生まれ。

釘崎野薔薇(くぎさきのばら)の性格

虎杖と同時期に呪術高専に入学したが、入学自体は以前から決まっていた。東京(都会)に対しての強い憧れを持つ一方で、彼女が小学校1年生の時に東京からの転校生である沙織ちゃんが村人たちの僻みによって追い出されたため、自身の故郷である田舎を嫌っている。

非常にサバサバした気性の持ち主で、口が悪く、素人であるにも関わらず「呪いは危ない」と忠告してきた虎杖を蹴り飛ばすなど手が出るのも早い。

一方で、呪霊に人質に取られた少年を助けるため自ら武器を捨てて丸腰になる、罪人である少年院の在院者を当然のように助けようとするなどの優しさも見せる。自らのアイデンティティーを強くもっており、丸腰の状態で真依に背後を取られていても平然と喧嘩を売るほど度胸がある。

釘崎野薔薇(くぎさきのばら)の術式

自身の呪力を篭めた釘を打ち込んで相手を攻撃する術式「芻霊呪法(すうれいじゅほう)」の使い手であり、対象から欠損した一部に釘を打ち込むことで対象本体にダメージを与える「共鳴り」(ともなり)や、対象に直接打ち込んで破壊する「簪(かんざし)」などを駆使する。武器として、五寸釘・金槌(交流会ではピコピコハンマー)、時折藁人形を使用する。近接戦闘が苦手。

野薔薇(のばら)渋谷事変編

呪術高専に入学して以降は、暇があったら買い物に出るなどそこそこに東京を満喫している。埼玉で呪胎九相図に遭遇した際、黒閃を経験。その後2018年10月31日の渋谷事変では、直毘人と真希の3人で渋谷へ向かうが、伊地知に連絡がつかなくなったので、新田明を安全な場所へ避難させる為に別行動をとる。その中で重面春太と交戦し、七海に助けられた。

七海に五条が封印された話と、戦闘区域に入るのを止められるが、新田明を救護に引き渡した後、単独で戦闘区域に戻った。その後、真人の分身と交戦し優位に立っていたところを、本物の真人に触られ、虎杖の目の前で左顔面を吹き飛ばされ、倒れる。その後は東堂と共に加勢に来た新田の応急処置を受けるも、生死に関しては不明。

まとめ

藁人形と釘、金槌を使って呪いを払う術式です。対象に接近せず呪力のこもった釘を投げて戦うので、少し遠くからでも攻撃することができる「芻霊呪法」。野薔薇の術式は自分を痛めるいわゆるメンヘラでありヤンデレだ。

芥見下々は結構漫画のアゲサゲのために人を切る。しかし、野薔薇はファンがついている。野薔薇ちゃん再起復活願う。

タイトルとURLをコピーしました