【呪術廻戦】「呪いの女王」祈本 里香(りかちゃん)とは|プロフィールまとめ

暮らしのモノ

『呪術廻戦』0巻にあたる『東京都立呪術高等専門学校』に登場する祈本里香(おりもとりか)。彼女は0巻の主人公・乙骨憂太(おっこつゆうた)に取り憑く呪霊。

【呪術廻戦】祈本 里香(おりもとりか)とは

憂太に取り憑く特級過呪怨霊(とっきゅうかじゅおんりょう)である。「呪いの女王」とも称される。元々は乙骨の同級生で婚約者の少女で、2011年に交通事故で亡くなったが、その後すぐに呪いに転じ、乙骨に取り憑いた。享年11歳。

里香(おりもとりか)の性格

元は愛らしい少女だったが、呪いと化してからはその面影さえない醜悪かつ凄惨な容貌となり、その性格も、乙骨に危害を加えた人物に躊躇なく制裁を下すほど凶暴になった。制裁の際、乙骨の制止は一切聞いておらず、乙骨を守りながらも、高専に入るまでの彼の制御下にはなかった。嫌いなものは乙骨以外の人間(特に女性と年上男)で、大嫌いなものは祖母の作った茄子の煮浸し。

里香(おりもとりか)の過去

5歳の時、母親が原因不明で急死した。小学校入学の2日前、父親に登山に連れられ共に行方不明になる。1週間後、山頂近くの避難小屋で里香だけが保護されるも、父親はそのまま失踪し生死不明。検査入院した病院で、肺炎で入院していた憂太と出会い、同じ小学校に復学。その際、母の結婚指輪を盗んで彼に婚約指輪として贈った。里香を引き取った父方の祖母は、自分の息子とその妻は里香によって殺害されたと強く思い込んでいた。生前、憂太の妹とは友好関係を築いていたが、死後怨霊になってからは攻撃的になり、憂太が家族と離れるきっかけになった。

里香(おりもとりか)の縛り

呪いとなってからも真希に嫉妬の矛先を向けるなど、乙骨に激しく執着していたため、当初は呪いに転じたのは彼女の過ぎた愛と執着によるものだとされていた。

乙骨の「最愛の人の魂を抑留する縛り」という縛りから、変幻自在で底なしの呪力を持ち、それにより乙骨の「底なしの呪力」と「無条件の術式模倣」が実現している。乙骨とは彼の婚約指輪で繋がっており、呪力の媒介にも用いられる。五条や、呪術界の上層部からはその強大さを危険視されていた。

百鬼夜行での祈本里香(おりもとりか)の性格

2016年12月24日の百鬼夜行では、乙骨と共に夏油と激戦を交え、勝利を収める。戦いの後、里香が乙骨に呪いをかけたのではなく、乙骨が里香への執着心から呪いをかけて彼女を怨霊にしていたことが判明し、呪いをかけた乙骨が主従制約を破棄したことで解呪が実現した。最終的に、彼女は本来の姿を取り戻し、感謝を述べた後は笑顔で成仏した。

まとめ

車に顔を潰された里香は即死でした。乙骨が変わり果てた無残な里香の姿に呆然としていると、死んだはずの彼女の腕が動き、乙骨の足首を掴む。彼女は怨霊となって乙骨に取り憑き、乙骨に危害が加えられそうになると勝手に現れて、周りを攻撃する。

渋谷事変後の137話(16巻)で、それまで本編には姿を見せなかった乙骨が再登場。乙骨を乙骨に「リカちゃん」と呼ばれている。表記がカタカナになっていることからまた少し違うものだろう。リカの攻撃時、乙骨の腰に差していた刀が消えていた。0巻では里香の力を刀に流して戦う方法を訓練していた描写もある。

タイトルとURLをコピーしました