【呪術廻戦】伏黒甚爾/禪院甚爾の徹底解説・考察まとめ

暮らしのモノ

伏黒甚爾(ふしぐろ とうじ)/禪院甚爾(ぜんいん とうじ)は、『呪術廻戦』の登場人物で、生まれつき呪力を持たない代わりに超人的な身体能力を備えた”天与呪縛”という特殊体質の持ち主。

虎杖悠仁の級友である伏黒恵の実父で、呪術師の名門禪院家の出身だが、実家では日陰者扱いされていた。出奔して荒んだ生活を続け、術師殺しとして名を馳せ、最強の呪術師・五条をも倒すも、死の淵で才能を開花させて息を吹き返した彼の前に敗死。物語開始時点で故人だが、様々な人物に深く関わり、印象的な悪役として高い人気を誇る。

伏黒甚爾/禪院甚爾のプロフィール・人物像

性別:男
出身:禪院家
誕生日:12月31日
職業:ヒモ/殺し屋
肩書き:術師殺し
術式:無し
天与呪縛:フィジカルギフテッド
趣味・特技:ギャンブル
好きな食べ物:肉とモツ
苦手な食べ物:酒(全く酔わないため)
ストレス:禪院家

甚爾(ぜんいん とうじ) の “天与呪縛”とは

伏黒甚爾(ふしぐろ とうじ)/禪院甚爾(ぜんいん とうじ)は、『呪術廻戦』の登場人物で、生まれつき呪力を持たない代わりに超人的な身体能力を備えた”天与呪縛”という特殊体質の持ち主。天与呪縛の大半は、実際は「一般人程度がそれ以下にしか呪力を持っていない」状態だが、甚爾だけは本当の意味で「呪力を一切持っていない」、唯一無二の存在である。

主人公虎杖悠仁の級友である伏黒恵の実父で、呪術師の名門である禪院家の出身。現在は婿入りしており、伏黒は妻の家の姓である。

前述の通り禪院家は呪術師の名門であり、五条家、加茂家と並んで御三家とまで称される家系である。呪力は“人間なら誰でも持っている”ものであり、禪院家の血筋ながらそれをまったく持たない甚爾は一族の恥として蔑まれ、日陰者とされた。そんな扱いによって性格が荒み、後に禪院家を出奔。自分を認めなかった術師たちに己の力を見せつけるかのごとく、術師専門の暗殺者として名を馳せる。

甚爾(ぜんいん とうじ) の 私生活

私生活も荒れており、女性の下に転がり込み、深い仲になっては別れることを繰り返している。たまに術師相手の暗殺を請け負って大金を稼いでくることこそあるものの、貯金するでもまともな仕事に就くでもなく、賭け事などであっという間に使い果たすのが常。基本的には無職であり、生活全般を交際している女性の収入に頼る、いわゆる「ヒモ」である。

刹那的な暮らしを続け、付き合っている相手に対してもほとんど情を持たないが、恵の母親となった伏黒家の女性にはわざわざ婿入りする(=先方の親族との付き合いを受け入れる)程度には思い入れがあった模様。この時期は多少丸くなったが、彼女の死と共にまた荒んだ生活を送るようになった。

甚爾(ぜんいん とうじ) VS五条悟(ごじょう さとる)

前述の通り一切の呪力を持たない代わりに、常軌を逸した身体能力を持つ。腕力、脚力といった基本的なものから視力や嗅覚までも強化されており、その身一つで高位の術師とも渡り合う恐るべき実力者。さらに無数の呪具で武装することで、作中最強の術師である五条悟をも一度は地に這わせた。

半面、呪力による攻撃以外は受け付けない呪霊に対してはまったくの無力。自力ではどうやってもダメージを与えることができないが、呪力で視覚を強化しなければ見えないはずの呪霊を視認することは可能。天与呪縛の完成形たる彼だけの特殊な才能だと、作中では分析されている。

仕事を請け負った際は慎重かつ狡猾に立ち回り、幾重にも策を巡らせ敵を弱らせてから仕留める用意周到なタイプ。そのためには手段を選ばず、また仕事の邪魔だと判断すればターゲット以外の人間を殺めることにも躊躇しない。基本的に金のためだけに行動し、そのためなら息子の恵すら売り飛ばす。本人曰く“自尊心などとうに捨てた”とのこと。作者公認で性格が悪いとされる五条をして、「僕が引くくらいのロクデナシ」と評される悪漢である。

孔時雨とは腐れ縁で、彼から様々な仕事を紹介されている。孔は甚爾の実力を買ってはいるものの、人間性が劣悪であることもよく理解しており、「お前と付き合うのは仕事か地獄でだけ」と決めている。
一方の甚爾も孔の性格と能力をしっかり把握しており、依頼達成のために無理難題とも思える仕事を押し付けることもしばしばである。

幼い頃の五条と一度会ったことがあり、その桁外れの才能を知って驚愕する。後に星漿体の少女・天内理子殺害の依頼を受けた際に、彼女の護衛を担当していた五条と敵対。様々な策謀と無数の呪具をもって追い詰め、前述の通り一度は致命傷を負わせて打ち倒す。しかし五条は死の淵で新たな才能を開花させ、自分の傷を自ら癒して息を吹き返す。自身を追撃してきた彼を迎え撃つも力及ばず、敗死した。

息子の恵に対して父親らしい愛情を示したことは無く、禪院家に売りつける話を進め、さらに彼が小学一年生の時に当時の妻と共に蒸発。以後は名前を告げられても誰だか思い出せないほどに忘却の彼方にあった。恵からは「自分の子供が男か女かも確かめようとせずにこんな名前をつけたクソ野郎」と、ほとんど記憶も無いまま毛嫌いされている。
しかし一方の甚爾の側は自分の息子に複雑な感情を抱いており、その中にはかなり歪んだ形ながら父性や愛情も一応含まれている。禪院家に売りつけようとしたのも「息子の呪術師としての類稀な才能を確信したこと」がそもそもの発端で、「息子ほどの才能の持ち主ならロクデナシの自分の下で育つより禪院家に預けた方が幸せだろう」という屈折した親心、「自分を否定した禪院家に自分の血を引く子供を育てさせる」という迂遠な復讐と、自身では金銭のためだと嘯きながらも複雑怪奇な想いの果ての行動だった。

伏黒甚爾/禪院甚爾の呪具・能力

天与呪縛(てんよじゅばく)

生まれつきなんらかのペナルティを課せられる代わりに、人間の域を超えた力を得られるという生来の特質。甚爾の場合は“一切の呪力を持たない”代わりに、その身一つで高位の術師をも翻弄する超人的な身体能力を獲得している。

膂力や脚力は当然のこととして、視覚や嗅覚も劇的に強化されており、「呪力無しで呪霊を視認する」、「残された臭いを辿って対象を正確に追跡する」という人間離れした芸当も可能。さらに“呪力を探知して居場所を探る”という呪術師定番の探索手段から完全に身を隠せるという利点もある。

こと戦闘に関する面でのみ考えれば並みの術者を大きく凌駕しており、“呪力が無い”という一点で自身を否定した禪院家に対する鬱屈した想いを助長する要因ともなった。

天逆鉾(あまのさかほこ)

天内理子を殺害するために甚爾が用意した呪具の一つ。等級は特級で、対五条用の切り札である。「術式の強制解除」という効果があり、この力で五条の術式による防御を無効化し、一度は彼に致命傷を与える。呪術で身を守る呪術師に対してまさに必殺の一撃となりうるが、刃が短いため武器としては力不足らしく、甚爾は状況に応じてより大振りの呪具と使い分けながら戦っている。

五条との再戦では万里ノ鎖に連結し、鎖分銅のごとく振り回して使用した。

万里ノ鎖(ばんりのくさり)

天内理子を殺害するため、甚爾が用意した呪具の一つ。一端を視認されない限り持つ者の意のまま無限に伸び続ける特性を持つ。甚爾はこれと天逆鉾を連結させることで遠距離攻撃能力を手に入れ、術師として覚醒した五條に対抗せんとした。

終わりに

甚爾(ぜんいん とうじ) は”星漿体”天内理子抹殺依頼で登場。天元の下に向かう夏油と天内を追撃。天内を殺害し、怒りに燃える夏油をも撃破。呪術の特性から「殺すと厄介」と判断して夏油にはトドメを刺さず、天内の遺体を奪って撤収した。盤星教に天内の遺体を届けて依頼を達成するも、そこに仕留めたはずの五条が現れる。死の淵でさらなる才能の開花を果たし、自分で自分の傷を癒して息を吹き返した、「恐らくは現代最強の術師」となった五条と再び交戦。

結果五条に敗れてしまったが今後も出てくると期待している。

タイトルとURLをコピーしました