【怪獣8号2巻】ネタバレ感想|人型怪獣が登場

暮らしのモノ

前巻(怪獣8号1巻)のおさらい

怪獣討伐部隊の二次採用試験終了後、会場に突如現れた謎の人型の怪獣。キコルが倒した他の怪獣を蘇らせ、キコルを襲撃させようとする。

受験生の手に負えるレベルの騒動ではなくなり急いで非難する受験生たち。オペレーションルームにいた隊長と副隊長は急いで現地へ向かう。いつでも完璧を求めるキコルは、1人の犠牲者も出してはならないと一人立ち向かうのですが、手も足も負傷しもうだめだと諦めた時、目の前にカフカが登場・・・!

驚くキコルの目の前で、怪獣化するカフカ。

【怪獣8号2巻】ネタバレあらすじ

怪獣8号2巻は第8話から第17話まで収録されています。

【怪獣8号2巻】8話あらすじ

目の前で怪獣化するカフカにキコルを襲撃してきた人型の怪獣との関係を疑うキコル。

「お願いお願いどうかこのことは防衛隊には内緒でお願いします!」と懇願してくるカフカ。急に目の前で懇願するカフカに驚き叫びつつも、敵の2発目の攻撃に気づくキコル。

だがそれを、たやすく弾き飛ばすカフカ。

時間がないから1発で解体してやると、敵が振りかざしてきた拳に向けて思いっきり拳をあげます。拳同士がぶつかると、一瞬のうちに敵の肉がはじけて骨となり、骨も砕けて粉々に吹き飛ぶ敵。

一方、カフカが力を使った際、オペレーションルーム(試験管サイド)では試験の際に使用していたモニターに異常な数値を観測。本獣周辺に謎の超高エネルギーが発生!新手の怪獣!?とおどろく隊員だが、モニターの映像は爆発による土煙りと通信障害によって目視が困難な状態に。

計測器がイカれたんだろうという保科。もしもこれが正しい数値であればそれは歴史に残る大怪獣である。現場ではカフカにより木っ端みじんに吹き飛んだ本獣を見て開いた口が塞がらないキコル。

その後、レノが到着し安心したのかキコルは気絶してしまいます。と、ここで隊長の亜白と副隊長の保科が現地へ到着する。

【怪獣8号2巻】9話あらすじ

現地に到着した亜白と保科。木っ端みじんになった怪獣を見て、異様な状況に戸惑いつつ保科は疑問に。

オペレーションルームからすべての受験生が保護されたと連絡が入り安心をする。亜白と話した後、3か月前怪獣8号が現れた日に起きた討伐者不明の怪獣死骸の有様に似ていることに勘付く保科。

一方、負傷したカフカは入院することに。ベッドに横になりながら、お見舞いに来たレノと試験での話をする。久しぶりにすげー奴らと競い合ったことで思い出したことがあるというカフカ。

「夢を追うってのは、一番譲れない大事な物で毎分毎秒誰かに負け続けることなんだ。けどそんなことどーでもよくなるくらい熱くなれんだよな。それを思い出した!」とレノが背中をおしてくれたおかげだとお礼をいうカフカ。

そして、それを外で立ち聞きしていたミナが、部屋に入ってきて。ミナの登場に驚く2人に、重症の四ノ宮を運んでくれたことに対し、人命救助に感謝すると言い残し、立ち去るミナ。

そこで一瞬話しかけそうになるカフカでしたが、思いとどまります。話しかけるのは、隊員になれてからだと決心するカフカなのでした。

一方、場所は東京都 国分寺。

トイレの個室で体育座りをして、携帯のラジオで今回の騒動を聞いていたのは。あの人型の怪獣の姿。数名の負傷者は出したものの、死者は出ていない模様。という報道を聞いて

「0?0?あの状況で0ってある?タイチョウってのがそんなにつよいのか?」と不思議がる怪獣。

(中略)

【怪獣8号2巻】感想

衛隊員選抜試験最終審査。本獣を撃破したキコルの人型怪獣が姿を現す。人型怪獣によって蘇った本獣によってピンチに陥るキコル。その前に怪獣に姿を変えたカフカが現れというのが1巻の終盤。前巻の親子を助ける場面の時や2巻ラストでも、もうダメかもしれないというピンチから、カフカを登場させる展開。王道なんですが、その描き方が上手すぎる。読んでいるこちらもテンションが上がる。

カフカが怪獣8号になると強いのに普段カッコ悪いおじさんとのギャップがいい。

キコルとレノの二人はカフカの正体を知ることとなる。保科さん室町から続く怪獣討伐。昔から怪獣いた設定。レノの伸びしろに嫉妬しながらもレノを助けるイハルに涙。ヒト型は人間としての部分が残っているのが少ない気がする。カフカは人間としての部分がだいぶ残ってるけど。。。これはおそらくカフカが食べた怪獣が少し他の怪獣と違うのか?と思ってしまう。

タイトルとURLをコピーしました