【金持ち父さん貧乏父さん】ネタバレ要約と感想|お金を稼ぐ人は黙って稼ぎます

暮らしのモノ

キャッシュフローゲームは、ロバート・キヨサキがお金持ちとそうでない人の格差を解決するための手段として考えだしたもの。そもそも金持ち父さん貧乏父さんはキャッシュフローゲームを販売するために書かれた本だった。

【金持ち父さん貧乏父さん】要約

金持ち父さん貧乏父さんあらすじ

金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。持ち家が資産だという「信仰」を揺るがす。資産と負債の違いをはっきりさせる。お金について教えるのに、学校教育があてにできないことを親にわからせる。そして、お金について子供たちに何を教えたらいいかを教えてくれる。

金持ち父さん貧乏父さん目次

  • 教えの書(金持ち父さん、貧乏父さん―ロバート・キヨサキが語ったこと
  • 金持ち父さんの六つの教え
  • 金持ちはお金のためには働かない
  • お金の流れの読み方を学ぶ ほか)
  • 実践の書(まず五つの障害を乗り越えよう
  • スタートを切るための十のステップ
  • 具体的な行動を始めるためのヒント)
  • エピローグ たった七千ドルで四人の子供を大学に行かせた男の話

金持ち父さん貧乏父さんの教え

  • お金のために働くな
  • お金の流れの読み方を学べ
  • 自分のビジネスを持て
  • 会社を作って節税しろ
  • お金を作り出せ
  • 学ぶために働け

金持ち父さん貧乏父さん感想

金持ち父さん貧乏父さんはマルチ商法でよく使われてしまうのが悲しいがいい本である。

本書で述べているお金の教え。

  • お金のために働くな
  • お金の流れの読み方を学べ
  • 自分のビジネスを持て
  • 会社を作って節税しろ
  • お金を作り出せ
  • 学ぶために働け

これはすべて正しい。ただよく言えるのは勘違いしているモノが多いのだ。お金のために働くな→お金のためではなく人のために働くことが真意だと僕は思う。そしてどこでお金をマネタイズさせるのか。そのうえで一番利益が高いのは自分でビジネスをすること。その後稼いだら会社を作る。その後はPDCAを高速で回転させお金稼ぎを追求する。その後は他の分野で学びそして次の事業へ展開させるのだ。

お金を稼ぐためには投資家、経営者、自営業、従業員の4つに分類される。ただこれを知って公に言う人は正直稼げない人が多いだろう。仕組みを知ったうえですべての4つの分類に感謝をする。お金がすべてではないがお金は助けたい人や守りたい人を守ることができる。例えば安さだけを求めた結果仕事に集中できないことは無理だろう。自分が納得のできる環境を揃えることがまず第一歩だろう。

タイトルとURLをコピーしました