【王様ランキング】読んだ感想|ボッチお前は1人じゃない!

暮らしのモノ

TVアニメ『王様ランキング』の第2弾キービジュアルが解禁された。今回は王様ランキングの漫画を読んだ感想を綴っていく。

Web漫画投稿サイトにて連載を開始して以降、優しい絵柄と壮大な世界観、そして重厚なストーリーがSNSを通じて話題を呼び、コミックス単行本は累計発行部数130万部を突破した『王様ランキング』。TVアニメ『王様ランキング』は2021年10月14日(木)よりフジテレビ “ノイタミナ” ほかにて放送開始となる予定。

王様ランキングの見所は主人公の健気なボッチ。巨人の子供なのに体は小さいし耳も聞こえない。そんな彼が王様になるまでの話。王様ランキングでは主人公ボッチと共に歩みを進めるカゲ。そんな彼らのストーリーをさっそく読んでみよう。

王様ランキングとは

『王様ランキング』(おうさまランキング)は、十日草輔による日本の漫画。漫画投稿サービス『マンガハック』にて2017年5月20日から毎週土曜日に更新されている。

『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019』6位。単行本がKADOKAWAのビームコミックスレーベルより発売されており、2021年8月時点で累計発行部数は130万部を突破している。

王様ランキング公式(Twitter:@osama_ranking)

王様ランキングあらすじ

大小さまざまな国が存在する世界。ボッス王国の第一王子である主人公のボッジは、耳が聞こえず、口も利けず、おまけに子供用の剣も握れないほどの非力で「ダメ王子」と陰口を叩かれています。そんな彼の夢は、各国の王様を評価する『王様ランキング』で世界一にランクインすること。しかし、国王亡き後に王位を継いだのは、第二王子のダイダでした。ボッジは悔し涙を飲み、強くなるための旅に出かけます。

夢に向かって懸命に努力するボッジを中心に、大切な友人となるカゲ、優秀で「魔法の鏡」を所持するダイダ、そして国民から慕われるボッジの父・ボッス王など思惑の読めないキャラクターたちが入り乱れ、波乱のストーリーが展開します。

https://booklive.jp/bkmr/king_ranking

王様ランキングの魅力

非力だが強い信念の持ち主の主人公であるボッチ。ボッジは口がきけないし非力で王様らしくないのです。しかし、王様になりたい、強くなりたいという信念だけは人一倍あります。

ボッジは純粋な心を持った心優しい性格です。

王様となるには強さが足りないところから、家臣や民衆から「とても王の器ではない」と蔑まれていましたが、カゲという友人を持ったことから、ボッジの勇気が加速され、本来の性格を知る人々から慕われるようになるのです。

ボッジは生まれつき耳が聞こえず、口も利けず、おまけに子供用の剣も握れないほどの非力です。普通であれば、このような境遇に生まれたことを呪い不満を持つでしょう。

しかしボッジは、自分の境遇を受け入れているように見えます。

第二王子のダイダが国王亡き後に王位を継いだ時も、悔しい気持ちはありますが、涙を飲み、強くなるための旅に出かけるのです。ボッジの夢は、各国の王様を評価する『王様ランキング』で世界一にランクインすることなのですが、その目標に向かって努力を重ねる姿に感動し、応援したくなります。

辛くて一人で泣いても、涙をこらえて明るくふるまうボッジ。

主人公ボッチ

本作の主人公。ボッス王国の第一王子。巨人の両親を持ちながら小柄で短剣どころか石すら持ち上げられないほどの非力だが、強さに憧れ王になることを夢見ている。非力なことに加え耳も聞こえず言葉も話せないことから第一王子ながら周囲からは軽侮されているが、非常に素直な性格。

相棒カゲ

目玉のついた影のような生物で、絶滅した暗殺集団「影の一族」の生き残り。ひねくれもの。ボッジの言葉を唯一理解できる。幼少時に一族を皆殺しにされて以来コソ泥のような生活を送っていたところ、盗みに入った所で偶然出会ったボッジに興味を持ち、ボッジの器の大きさに触れたことで「どんな時も味方になること」を誓う。人間ではないが店での買い物などは普通に出来る。

王様ランキング1巻感想

元は絵本のために書いたなんて驚く深く重いストーリー。耳が聞こえない第一王子ボッジはいつもニコニコしており前向きで頑張る姿に好感が持てとても感情移入し応援したくなる存在。読み進めるうちに、巨人の両親から生まれた子が小さくて非力なのかわかってきて辛いけどサクサクと読む手は止まらない。しかも父王亡き後、王位継承権を弟に奪われる。弟は気づいてないけど、きっと呪いとセットだろうなと思ってしまった。

王様ランキング2巻感想

誰が味方で誰が敵なのかと思わせる回であった。本当のところが分からなくても隔てなく優しくしてあげられる心の強さに感動を覚えてしまった(笑)。後書きに「はじめは絵本で出す事を考えていた」と記されていたのを発見して漫画でよかったと思う。これからも主人公であるボッチを見守って読み進めていく。

王様ランキング3巻感想

ドーマスはダイダにボッジ暗殺を命じられていた。ダイダは鏡がボッス王から作った秘薬を飲むのを断る。呪いで力を奪われているボッジと神に嫌われ姿を変えられた影一族のカゲは呪いガスで死なず、王様ランキング2位冥府の王デスハーの前に連れて行かれる回。ボッジのことで一喜一憂するカゲが可愛かった(笑)

王様ランキング4巻感想

王様ランキング5巻感想

王様ランキング6巻感想

王様ランキング7巻感想

王様ランキング8巻感想

王様ランキング9巻感想

王様ランキング10巻感想

王様ランキング11巻感想

王様ランキング12巻感想

終わりに|まとめ

最新刊は11巻まで販売されている。11巻では冥府騎士団の隊長はデスパーに尋ねる。もしデスハーが戻らない場合…冥府の国はどうなってしまうのかと…。というような感じで王様ランキングはまだまだ終わらないであろう。

主人公であるボッチに感情移入し、すくすくと育ってほしいと親の一面も思わせてくれる漫画であった。カゲとの友情も期待大。今後が楽しみだ。アニメ化もされているので絶対に見る。ボッチはかわいそうと思われていることが多いかもしれないが彼はそんなことをちっとも思っていないであろう。弱いことが悪いことではない。弱いままなのがいけないのだ。彼はここから駆け上がる。王様ランキング1話を読んで誰もがボッチのことをかわいそうと思い感情移入をしてしまっていると思う。しかし、頑張る彼を見てこちらも勇気をもらえる。なにか自分にも頑張れることはないだろうかと思えた漫画であった。

タイトルとURLをコピーしました