【空挺ドラゴンズ 1巻】ネタバレ感想まとめ

暮らしのモノ

『空挺ドラゴンズ』は、桑原太矩による日本の漫画。

龍と呼ばれる生物が棲息する世界観を舞台に、龍を狩って生計を立てる「龍捕り」たちを描く群像劇。ハイ・ファンタジーに加えて、捕獲した龍を用いた料理を作るグルメ要素や、登場人物たちの日常生活を取り上げる日常系の要素をもつ。

【空挺ドラゴンズ 1巻】ネタバレあらすじ

各国が龍と呼ばれる生物から生産できる食料や資材を欲して空を目指してから半世紀後の時代。

世界には、飛行船に乗って捕獲した龍を加工して売りさばく龍捕りと呼ばれる職業が誕生した。希少となった現役の捕龍船クィン・ザザ号には、龍が大好物のミカを始め、新人龍捕りのタキタや龍捕りの父をもつジロー、諸事情で地上を旅立ったヴァナベルなど様々な龍捕りが搭乗しており、それぞれが事情や目的をもって共同生活を営みながら空の旅を続ける。

【空挺ドラゴンズ 1巻】冒頭の話

街に迫っている龍を捕まえるよう頼まれたミカたちは、それに応じます。

船に乗って空に上がると龍はすぐ目の前です。

威嚇目的の閃光弾にも一切ひるまない龍にたじろぐ船員たち。

ひとつ間違えば巨大な龍が街に落ちるため、いつものような狩はできません。

どう対処するかで仲間が揉めている脇で銛を発射する爆発音が響きます。

驚いた船員たちが目を向けると、銛を龍にぶち込んだミカの姿がありました。

龍が街に落ちたらどうすると心配する船員たちでしたが、ミカは平気の顔です。

えらい勢いで龍が船に襲い掛かってきたため、この龍が先程に殺した龍の親だとミカは感づいていました。

子供殺され激怒する親龍に同情するタキタでしたが、ミカに半端な気持ちでは死ぬと叱責され言葉を失います。

【空挺ドラゴンズ 1巻】感想

ドラゴンという飛行生物を狩猟している人々の日常を描いた漫画。

ドラゴン=クジラの様な感じで、捕鯨の仕事してる人達の日常である。それに加えて料理シーンも出てくる。より詳しく述べると空を飛ぶ龍を獲ることを生業にしている飛行船「クィン・ザザ号」の乗組員たち。獲った龍は油にしたり肉を解体したり売ったり食糧にしたいる。

一言で言うと“賞金かけられてる竜を狩る空挺とそこで仕事と生活を共にするコミュニティのドラマ”だ。

タイトルとURLをコピーしました