【ネタバレ要約】LIFE SHIFT(ライフシフト)の感想|100年時代の人生戦略

暮らしのモノ

人生100年時代を生き抜くための指南書として注目を集める本「LIFE SHIFT(ライフシフト)」。

LIFE SHIFT(ライフシフト)は、2016年に発売された「人生100年時代の人生戦略」を示した本。本書のメインメッセージは、これからは無形資産の価値に目を向け、長く現役として活躍できるよう、自助努力して行こうということ。

従来、日本を含む先進国では次のような生き方が当たり前とされた。

・20歳を過ぎる頃まで教育を受け

・その後は40年ほど仕事に邁進

・65歳前後で定年。老後生活に。

しかし、これから100歳まで生きる私たちにはこんな「当たり前」は通用しなくなる。

【LIFE SHIFT「100年時代の人生戦略」】ネタバレ要約

・3ステージから脱却し、マルチステージ型の人生への移行

・ステージの移行期間はリフレッシュするのではなくリ・クリエーション(再構築)しよう

・無形資産に目を向け構築をする

・お金と時間の使い方を見直す

新しいキャリアライフ時代の到来

働く期間が長くなることを想定すると、「1社に雇われて働く」以外の働き方も選択しながら、キャリアライフを構築していくことが必要になる。「人生100年時代」には、人生はマルチステージという考え方に移行すると述べられている。

教育→仕事→老後という3つのステージは崩壊していき人生のあらゆる局面において人々は様々なステージを経験することになる。

マルチステージを構成する、新たな3つのステージが登場します。それは、「エクスプローラー」「インディペンデント・プロデューサー」「ポートフォリオ・ワーカー」の3つ。それぞれの特徴は下記のとおりです。

エクスプローラーとは自分を日常の生活と行動から切り離して世界を探査し、自分の好きと得意を発見していくステージ。

インディペンデント・プロデューサーとは職を探す人ではなく、自分の職を生み出すステージ。事業を売却し成功することより、ビジネスの活動自体が目的であることが多い。

ポートフォリオ・ワーカーとは異なる種類の活動を同時に行うステージ。頭の働かせ方と仕事の仕方を状況ごとに柔軟に切り替えるスキルが求められる。

新しいキャリアに移動するためには

3つのステージを移行していくことでマルチステージが作られていく。ステージを変えるときには移行期間が必要だ。LIFE SHIFT(ライフ・シフト)では、この移行期の過ごし方について述べている。

これまでは3ステージの人生を1人生で終える。つまり入社をし定年まで退社してするのが当たり前だった。しかし時代の流れは変わり、新しいキャリアに転々と移動することも有用であると解釈を得た。

例えば新卒は不動産の営業をしてマルチステージを終え、次のステージへと転職しまたその中でのマルチステージへいく。移行期間とは簡単に言うとマルチステージから次のマルチステージへ移動するときの期間(時間)のことを言う。

以前のマルチステージでの心身の疲れを取り除くことも大切。だがエネルギーの再補充だけで移行期間を過ごすことはおすすめできないと本書は指摘している。仕事から一時的に離れることで、スキルや知識が衰えたり、以前のマルチステージでの人脈を失うリスクがあるため。

そして移行期間と次のステージをより充実させるためには、「自分のリ・クリエーション(再創造)」が必要。つまり「無形資産の構築」に重点をおくべきと語っている。

目に見えるモノ・お金が全てではない

人生100年を戦略的かつ豊かに全うするための方法としてマルチステージ人生への移行とともに必要性を強調しているキーワードが「無形資産」。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)では、「生産性資産」「活力資産」「変身資産」という3つの無形資産が提示され、その全てがマルチステージを生きるために必要な資産であると述べている。

有形資産をより多く持つことが成功の証だった。金融資産、不動産資産、社会的な地位などが有形資産であり目に見えるものだった。もちろん重要ではあるが有形資産の構築だけにとらわれて、長い人生が立ち行かなくなるというリスクを知っておくべき。3つの無形資産の特徴は下記のとおりです。

生産性資産とは生産性向上・所得増・キャリアアップに役立つ資産。スキル・知識や仲間、評判などの社会的評価。

活力資産とは肉体的・精神的健康と心理的幸福感を得るための資産。心身の健康、健康的な生活、友人、家族、愛。

変身資産とは大きな変化に適応して自らを変化させていくための資産。十分な自己理解、多様な人脈。

簡単に言うと、スキルと友達・家族、視野を広く持つことが大事である。

お金と時間の使い方を見直し管理する

LIFE SHIFT(ライフシフト)で3ステージから脱却してマルチステージの人生を歩むこと、そのために無形資産の構築が不可欠であることを語っているそのためにはお金と時間の使い方を見直す必要があることにも言及している。

お金の使い方についてのポイントは下記の2つ。

金融リテラシーを向上しお金に対する自己肯定感を高めること。株の運用や生活コストの削減など実生活においてセルフ・コントロールを行いお金に対する自己主体感を高めること。

時間の使い方についてのポイントは下記の2つ。

余暇時間を増やし自己のリ・クリエーション(再創造)を行うこと。もう1点は社会が求める「時間の使い方」を知り人生100年時代における人生の時間配分を決めること。

簡単に言うと、お金と友達になり自分の人生の計画を立て自分が持てあませる時間を増やすことが大事。

【LIFE SHIFT「100年時代の人生戦略」】感想

本書でも冒頭で触れられているが「人生100年時代」と呼ばれる長寿化現象。人生100年時代の背景にはダイナミックな変革がある。具体的には、

・テクノロジーが進化する

・人口が爆発的に増える

・環境問題

・食糧危機問題  

これから100歳、それ以上長く生きる人が増えることは分かっている。医療の進歩により健康に過ごせる期間も長くなる。一方、上記に挙げたような変革によって就労環境やビジネスモデルは劇的に変化し、社会保障制度も見直さざるを得なくなると述べられている。

つまり働く期間が伸びるのだ。

基本的にはあなたがどうなりたいのか。どういう人生を歩みたいのか。

中には転職を人生の中で30回以上する人もいるし、ましては1社だけで終わる人もいる。本書ではマルチステージはたくさんあると解釈する人もいると思うが僕の考えでは、1社で30年勤めるのもありだと思っている。

転職する意味もキャリアアップのため。つまり自分の価値を上げるためである。その中で1社でも価値を高めることができるのであればそれでいいだろう。

大事なのは“自分がどういう人生を歩みたいのか”

お金が欲しいのであればまずはお金を入れること・増やすことを考えるべきである。逆にお金に余裕はあるが時間がないのであれば少しずつ自分の持て余すことができる時間を増やすことだ。

関連書として「」もおすすめ。要約すると時代を生き抜くために「ものの見方が変える」ことが必要である。よりかみ砕くと3つの力が必要であると語っている。

タイトルとURLをコピーしました