【漫画】JUMBOMAX(ジャンボマックス)ネタバレ感想|ED薬×愛×犯罪

暮らしのモノ

『地雷震』『スカイハイ』『爆音列島』『SIDOOH/士道』を世の中に送り出した髙橋ツトムが描いている漫画。

【漫画】JUMBOMAXあらすじ

「JUMBO MAX」は、小田原で薬局を経営する53歳の中年男の曽根建男。3か月前に美人妻と結婚した建男は、妻からの妊娠報告にショックを受ける。なぜなら建男は53年間、一度も勃起した経験がなかったからだ。そんな時、偶然ED薬を手に入れた建男は、その劇的な効能に魅せられ、自分でその薬を作ることを決意する。

【漫画】JUMBOMAX感想

『爆音列島』などの高橋ツトム氏最新作。テレビで麒麟の川島さんが推していた漫画。バツイチ子持ちの美人妻を射止めた53歳童貞EDで薬剤師免許を持つ主人公である建男。たまたま手に入れた画期的なED治療薬を再現して量産しようとする話。

主人公はあくまで自分で使用するために薬を作ろうとしているが、協力者の須磨岡は明らかに裏社会の匂いをさせており、後々には高値で売りさばく展開になるのは間違いない(笑)。2巻以降では人のための仕事が出来たというこで気持ちが高ぶっていたが違法であるということをすっかり忘れてしまう主人公であった。次第には刑事事件も発生しどんどん話が大きくなってしまう。

タイトルとURLをコピーしました