男ニキビを解決するスキンケアと洗顔方法

日用品

男性は皮脂量が女性のおよそ3倍で脂性肌の方が多い傾向がある。女性は思春期を終え20代以降になると次第に皮脂分泌量が減少していくのですが、男性の場合は思春期から60歳ほどまで皮脂分泌量が多い。

女性と違って男性は髭剃りをすることから、お肌への物理的な刺激で口周り、フェイスラインにニキビが多く1度治ったと思っても同じ場所に繰り返しできるのが大人ニキビの特徴。

ニキビが出来る原因は、皮脂の過剰分泌などによる「毛穴の詰まり」にあります。男性ホルモンは皮脂分泌を活性化させる働きがあるため、男性のニキビの原因はホルモンの影響が大きいです。髭剃りがお肌を物理的に刺激してバリア機能を破壊していることも男性ならではのニキビ原因である。肌のターンオーバーが乱れていてもスキンケアをしていない方が多く、ニキビが重症化する事もある。

10代、20代の赤いニキビの人はニキビケアジェルを使うといい。

結論、男ニキビを治すためには?

結論、男ニキビを治すためには洗顔とスキンケア、食生活の改善が必要。男ニキビを治すためには持っていた方がいいものを紹介する。

洗顔

余分な皮脂や肌についた汚れを落とすためにも、洗顔は大切。男性は皮脂の分泌量が多いのでできるのであれば週に1度はクレンジング剤で皮脂を取ること。絶対に皮脂汚れは毎日で続ける。クレンジング剤は毎日すると肌が痛むので週に1度でいい。おすすめはピーリングジェルCure。

洗顔は刺激の少ない洗顔料をたっぷりと泡立て、泡をクッションにしてやさしく洗います。すすぎはぬるめのお湯で、髪の生え際まできちんと洗い流し、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。髭をそるときにも肌を痛めるので絶対に泡をつけてから剃りを滑らかにするために髭剃り用の泡洗顔も持っておくといい。

スキンケア

皮脂分泌の盛んな思春期のニキビとは異なり、大人のニキビは乾燥によって、肌のバリア機能が低下することでも起こしやすい。洗顔後は、スキンケア化粧品ですみやかに保湿ケアをすべし。保湿ケアは化粧水と保湿クリーム。化粧水で蒸発しないために保湿クリームを塗る。

朝と夜スキンケアをする。夜する人は保湿クリームもすべき。夏や暑いときの朝スキンケアをするときは保湿クリームを塗るとべたつくのでおすすめしない。化粧水だけでいい。

食事・栄養

毎日の食事は、内側からのニキビケアにつながります。欠食や暴飲暴食、間食をできるだけ控え、1日3回の食事から栄養をとりエネルギーにすること

肌の材料となるタンパク質、肌の新陳代謝を促したり皮脂量をコントロールしたりするビタミンB2・ビタミンB6、血行を促進して肌荒れの解消を助けるビタミンE、便秘の改善に役立つ食物繊維などがいい

ただ言えることは自分が食べたいものを食べることがすべてのエネルギーになること。逆に食べたくないものを食べるとエネルギーにならず要らない脂肪になる。だが、毎日お菓子を食べるのは辞めた方がいい。心の中からおいしいと思えるものを食べよう。

終わりに

睡眠不足やストレス、偏った食生活・・・など、さまざまなことが原因で引き起こされる大人のニキビ。原因も気になるけれど、とにかくニキビの炎症や進行を止めたい!というときは、治療薬に頼る方法が一番いい。個人的にはまずは洗顔とスキンケアと食生活の改善。化粧水と化粧水が蒸発しないためにパックをするためにクリームを塗ること。毎日継続することが大事なので継続できるように少しずつできることから始めよう。

タイトルとURLをコピーしました