【アップデート】月は満ち欠けをくり返すために

Lifestyle

地球から見る月は毎日、姿を変えます。夕空に見えた三日月は数日後には日が沈んだ直後の空で半月になり、さらに数日経つと満月に、その後は夜半過ぎから夜明けの空に移って次第に細くなっていきます。この変化を月の「満ち欠け」といい、ほぼひと月の周期でくり返されます。地球にもっとも近い天体である月の、変化のしくみを考えます。

考察

月(独: Mond、仏: Lune、英: Moon、羅: Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。太陽系の中では最も内側に存在する衛星。地球から見て太陽に次いで明るい。古くは太陽に対して太陰とも、また日輪(=太陽)に対して月輪(げつりん)とも言った。

地球規模の影響をもたらし得る既知のリスクについては、多数のシナリオが存在している。人類が自ら引き起こすリスクには、気候変動、ナノテクノロジーの乱用、核兵器による大量殺戮、プログラムされた超知能による戦争、遺伝子工学が生み出す伝染病、物理学的実験が引き起こす災害などが含まれる。同様に、いくつかの自然現象も人類の存続を危険に晒す可能性がある。強い病毒性をもつ疾病、隕石衝突、暴走温室効果、資源の枯渇などがそこに含まれる。これらのシナリオが実際に起こる確率を推定することは、ほとんど不可能と言えるほどに困難である。

これから考察するに、僕らは文明を知っていることが分かる。

漫画『ハンターハンター』では、五大厄災とは世界地図の外側の世界にあたる暗黒大陸から人類が持ち帰ってしまった「人類滅亡レベルの5つの呪い」がある。ハンターハンターの作中では「パンドラ(厄災)」と表現されるなど、人類が決して手に入れてはいけないもの。

もしかするとメタバースに行ってしまったものが帰ってこれない理由はさまざまあるかもしれない。いい理由か悪い意味での帰ってこれないのか。古代エジプトのピラミッド、日本の邪馬台国である卑弥呼のお墓など映画を見ていると必ずしもそうではないとは言い切れない事実。

まとめ

フォースと共にあらんことを。我が友はダースベイダーになったのか、それともルークになったのか。極めた人はいずれにか落ちる。暗黒面かそれともジェダイか。個人的には自分はR2D2になりたい。

タイトルとURLをコピーしました