【転職と副業のかけ算】ネタバレ要約と感想|仕事が嫌で転職するな

暮らしのモノ

「安定」の定義は、「企業への依存」ではなく、「個人で稼ぐ力」である。

「自分はいつだって転職できる」

「どんな環境でも自分でお金を稼げる」

「給料以外の収入がある」

という状況を実現していくことが、「本当の安定」に繋がっていくと本著者は述べている。

【転職と副業のかけ算】要約

「今の仕事が辛い、嫌になった」というタイミングは本著者は転職をすべきタイミングではないと言っています。理由は転職することが「目的」になっているから。転職で大切なことは「情報量」であり筆者の経験上、転職で大切なのは、

共通点を探すための情報量

とのこと。多くの求人を見ることで“自分が求めている仕事の年収の相場”と“自分を求めている会社”を見つけ出すことができる。また、

年収が高い業界や職種に軸をずらす「軸ずらし転職」

が転職で年収を上げるポイントであることを述べているのだ。特に業界は年収に大きく影響するので、「業界」を変えることをおすすめしている。

【転職と副業のかけ算】構成

なぜ今、全てのサラリーマンに転職と副業が必要なのか

筆者の経験談

年収を高めるための思考について

年収4,000万円を稼ぐに至った転職と副業のノウハウ

「転職」と「副業」をかけ合わせて生涯年収を最大化する生き方

【転職と副業のかけ算】キャリアの概念

キャリアに対する基本的な考え方転職をする上では、

  • 上司の評価より市場の評価に軸を置く
  • 自分の「仕事の意味を理解する」
  • 自分の「値段を把握する」

ことが重要である。転職は「会社の中」でするのではない。つまり転職市場であるのでもっと幅広い視野を頭に入れることが大事である。

【転職と副業のかけ算】感想

サラリーマンが副業をするのであれば。

  • コンテンツ配信(ブログやyoutuber)
  • 本業や過去の経験をお金に換える

他、悩みなどをコンテンツにすると良いとのこと。

本著者では転職が仕事が嫌でという理由はナンセンスと述べている。仕事ができなくて上司に毎日怒られる、毎日セクハラをされる、劣悪な労働環境。仕事で成果を求められることどころではない。毎日生きるのが憂鬱と思っている人も転職をする前にまずは自分を変えることを考えるべきだと僕は本書を読み自分の体験談も含めて述べる。

仕事が嫌で辞めたい場合は、まずは仕事を辞める前にどれくらいのお金を退職届を出したときにもらえるのか。退職金だけではなく失業給付金などもある。そのうえでまずは自分を変えること。まずは自分を変えるための1歩を踏む。

まず自分の顔を鏡で見れないのであればそこからだと思う。少しずつ前向きに考えるためにも副業や考え方を変える。そのうえでキャリアを上げ年収を上げよう。

タイトルとURLをコピーしました