【ネタバレ要約】「なぜ教えない授業が学力を伸ばすのか」の感想

暮らしのモノ

「教えない」というのは「正解を教えない」ということ。正解のない社会に出ていく子どもたちに、自ら考えることを促す授業方法で向き合う先生の話。

僕たち教師や大人がしなければならないことは「教師や大人がいなくても学び続ける子」を育てなければならないということ。教師が前面に立って「教える」スタイルでは、子どもたちは教師に依存してしまう。

【なぜ教えない授業が学力を伸ばすのか】ネタバレ要約

「勉強しなさい」と親が言わなくても子どもが自分から机に向かうやる気を育て、変化の大きい時代でもたくましく生き抜く力を子どもにつけさせたいと思う親の必読書。

「下町のトップ校」と言われ、作家の芥川龍之介や堀辰雄を排出した名門都立両国高等学校・附属中学校の現役英語教諭による、家庭でもすぐに実践でき、学力を伸ばす教育法を解説されている。

キーワードは「教えない」。

「教えない授業」とは文科省が提唱する「アクティブ・ラーニング」の手法で行われるもの。

生徒の自立を促し、学ぶ楽しさを実感させることで結果として成績を伸ばす授業である。家庭での教育でも応用ができ、本書では親がすぐに実践できる家庭での「教えない」教育方法についても具体的な手法を述べている。

2020年度に大学入試は大きく変わります。背景にあるのは、AI(人工知能)が台頭する時代でもグローバルな環境に対応し、コミュニケーション能力の高い人材を育てるためには、教育が変わらなければ立ちゆかないという危機感。

今後ますます不確実性が高まる時代、企業が求める人材を高校と大学教育が手を組んで育てていかなければ、日本は立ちゆかないという危機感もある中、著者がなぜ「教えない授業」という手法にたどりついたのかの試行錯誤の過程についても話されている。

生徒や保護者、他の教科の教師らの手記も収録し、多角的に「教えない授業」の効果について検証している。

【なぜ教えない授業が学力を伸ばすのか】感想

最近話題のアクティブ・ラーニング、すなわち「教えない授業」をいち早く取り込んだ事例。

アクティブ・ラーニングは通常の講義の合間に取り込むぐらい考えだったが、年間を通してほとんど生徒に任せている授業運営を実践されたということに驚いた。生徒全員が参加するので、落ちこぼれが出にくいという効果も判明。社会人にも応用できそうで、アクティブ・ラーニングの実践方法を学んで自分でも活用してみたいと感じた。

「変えることが目的ではありません。守りたいものがある。守りたいものがあるから、変えなければいけないと思っている。」p.217

現状維持の講義型の授業もありだろうが、何を大事にするのかということを考えると講義型しかないという考え方は危うさを感じる。固定観念が一方通行の授業でしか学べないとなっているので変えるのは至難の業なのかもしれない。

何を大切にすべきかが注目されるべきかが大事だろう。

タイトルとURLをコピーしました