【読んだ感想】大学4年間の経済学がマンガで学べる|ネタバレ要約

暮らしのモノ

東大生協でベストセラーした『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』が、マンガになってより分かりやすく登場。 「すぐ難しくいいたがる」東大名誉教授の井堀先生に、経済学が初心者のカツヤマさんが挑み「これ以上できない!」レベルにかみくだきました。経済学部じゃなくても、数字に弱くてもわかる1冊。

【目次】大学4年間の経済学がマンガでざっと学べる

Part1 「ミクロ経済学」ってどんなことをする経済学?

●モノの値段は何を元に決まっている? (希少性と価格)

●ビールは何本まで飲むのが一番オトク? (限界メリットと限界コスト)

●お金の「やりくり」では何が起きている? (所得効果と代替効果)

●「一番儲かる」のは何個作ったとき? (費用曲線と利潤の最大化)

●「格差」をデータで見えるようにするには? (ローレンツ曲線とジニ係数)

●どうして現実の経済はうまく回らないの? (市場の失敗とフリーライド)

Part2 「マクロ経済学」ってどんなことをする経済学?

●「不況にはケインズ経済学」ってどういうこと? (ケインズと有効需要の原理)

●消費と貯蓄のベストバランスは? (消費関数と限界消費性向)

●政府の「バラマキ」がどうして経済対策なの?(財政政策と乗数効果)

●そもそもだけど…「お金」って何? (貨幣の特性と金融政策)

●「インフレ」っていいの? 悪いの? (インフレ需給曲線とインフレ期待)

●政治はどうして経済を立て直せないの? (失われた20年と政治的景気循環論)

【大学4年間の経済学を漫画で】勉強したことまとめ

読んだ感想と学んだこと

漫画版の方が読みやすくよかった。活字と図表でも分かりやすいのだが、漫画で登場人物がいるとより理解が深まった。学生の間のときにお小遣い稼ぎをしているのだが、このお小遣い稼ぎのために頑張った分の知識と知恵、ノウハウが経済学の中では「この言葉」に該当するのかと勉強になった。難しくはないが、単語だけを覚えようとするとなかなか覚えられないので、お小遣い稼ぎをするとグッと理解が深まるのでおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました