【王様ランキング10巻】ネタバレ感想|カゲの大切な人

暮らしのモノ

王様ランキング10巻ネタバレあらすじ

ボッジとカゲはオウケンに立ち向かいますが、2人とも致命傷を負ってしまいます。一方アピスはヒリングの治療により回復し、ドルーシとそこに合流したドーマス・ホクロと共にボッジのもとへ向かいます。

ベビンもボッジのところに駆けつけ、これでボッス王国四天王が集結!オウケンに戦いを挑みます。その頃ひん死のデスパーとボッジは、ふとしたことからミランジョの思念世界に迷い込みました。そこでは生と死の境目の川を渡ろうとするカゲがいましたが、すんでの所で彼を引き留めたのはなんと宿敵・ミランジョ!

生の世界に戻るカゲを見送ると、彼女は今度はボッジの生母・シーマとミランジョの母親と対峙していました。魔神との契約で死の世界にも行けなくなった悲しい運命のミランジョを見て、ボッジは涙を流して自分には彼女を斬れないと思うのでした…。

不意を突かれて、胸にオウケンの剣を受けてしまったデスパー。倒れた彼を見て怒りに燃えたボッジは、自分の攻撃が効かないことも構わずオウケンに立ち向かっていきました。

しかしデスパーに駆け寄ったカゲによると、デスパーはかろうじて生きていました!オウケンはわざと急所を外したのです。もちろん情ではなく、苦しむ様を眺めて愉しむ為に…。

ボッジは果敢に戦いますが、足を貫かれて絶体絶命のピンチ!何とかボッジを守ろうと半狂乱になったカゲが突如大きな口を開け、なんとオウケンを飲み込んでしまいました…!

一方、毒でひん死に陥っているアピスを発見したヒリングたち。ミランジョを救ってほしいと息も絶え絶えに懇願するアピスに、ヒリングは「あなたが救いなさい」と言うと毒消しと治癒の魔法を使い、彼を完全に治してあげました。

なぜ自分を治癒したのか不思議がるアピスにヒリングは、自分でもわけがわからないが、ボッジならきっと皆を救ってくれると思ったからだと話します。旅から戻ってきたボッジに、

ヒリングはかつてのボッスと同じような力強さと希望を感じていたのでした。

そこへ地下から急いで戻ってきたドーマスとホクロが現れました。ヒリングは謝罪する2人をあっさり許します。そして彼らとアピスがボッジの援護に向かうのを見ると、ドルーシもそこへ加わるよう指示しました。ヒリング自身はもう力を使い果たしてしまったため、アン達護衛騎士とその場に残ることにしたのです。

その頃ベビンは、ボッス(ダイダの身体を乗っ取っている)がいる地下牢の前で手下の蛇からボッジの危機を聞かされました。ベビンは急いでボッジのもとへと向かいます。状況次第では鏡(ミランジョ)を斬る、とボッスに告げて去っていくベビン。

残されたボッスは、それでもミランジョを信じていると呟くのでした…。

一方、オウケンを飲み込んだカゲ。一瞬はボッジに笑顔を見せたカゲでしたが、なんとオウケンはカゲの身体を内側から切り裂いてあっさり出てきてしまいました!ひん死のカゲに駆け寄り泣き叫ぶボッジの胸を、オウケンは無情にも刺し貫きます。

そうしてその場の者全てをひん死にさせると、オウケンは満足したのか鏡の隣に腰を下ろして得意げにほほ笑みました。

しかし、その時脱走者の1人・レッドが不意にやってきて、なんとひん死のカゲに治癒の魔法を使って彼の傷を治したのです!慌ててレッドの腕をつかんだデスパーの頭の中に、突然ミランジョの意識が流れ込んできました。

気がつくとデスパーは、ボッジと手を繋いで見知らぬ崖に立っていました。そして彼らの目には、大きな川の手前で飛び跳ねるカゲと、対岸にいるカゲによく似た生き物が映りました。

対岸にいたのは、ずっと昔に亡くなったカゲの母親でした。

彼らはどうやら生と死の境目の世界に来てしまったようです。そして、この川こそがその境目で、そこを渡ることは『死』を意味していました。母親のもとへ向かうカゲを止めようとボッジたちは駆け寄ろうとしますが、見えない壁があり先に進めません。

どうやらカゲにはボッジたちの姿も見えず、声も聞こえないようです。ボッジとデスパーは、どういうわけかミランジョの思念を見ていたのです。そうこうしているうちに、カゲは対岸へ渡ろうとしてしまいます。ところがそこへ、彼を引き留める者が現れました。それはなんとミランジョその人だったのです!

「そちらへ渡ればもう現世には戻れない。お前は現世に未練はないのか?」と問いかけるミランジョに、カゲは大切な人を思い出しました。それはボッジのこと…!ボッジを助けるという自分の決意を思い出したカゲは、対岸で自分を呼び続ける母親に笑顔を見せて別れを言うと、こちら側に戻ってきました。

そして母への想いを振り払うように、泣きながらどこかへ向かって駆けていきます。

そんな彼にミランジョもついていきました。カゲは声で彼女がミランジョだと気付いたようで、どうして自分を助けたのか尋ねます。するとミランジョはとっさのことだったと答えました。カゲは腑に落ちませんでしたが、ともかくミランジョに「ありがとう」とお礼を言い、1人駆けていきました。

感謝の言葉を受け、不思議な顔でその場に立ち尽くすミランジョに気がつかずに…。

(中略)

【王様ランキング10巻】ネタバレ考察

『あの子がボッジがきっとみんなを救ってくれるから』

『あの子がボッジがきっとみんなを救ってくれるから』

ヒリングは過去、夫であるボッスから感じた希望をボッジに感じていた。そしてヒリング達のもとへドーマスとホクロが現れる。ヒリングの顔を見るなり、即座に土下座して裏切った事を詫びるドーマス達。

『今はボッジ様に命を捧げる覚悟でございます!』

その言葉を聞いてすぐにドーマスを許す事にするヒリング。彼らに存分に働くように指示を出していく。そして再びボッジを追うために動こうとするドーマス達。ホクロはヒリングに伝えていく。今のボッジは凄いと。冥府のデスハー王と対峙して自分達を救ってくれたと。デスハー王を知らなかったヒリング。ドルーシに尋ねる。

『王様ランキング2位の王様です』

彼と対峙して渡り合った事を聞いてニヤけて鼻が高くなるヒリング。ボッジの武勇伝を伝えられる度に内心では興奮してしまうヒリング。只、ドーマスはボッジの友達であるカゲに懸念材料があると言って、すぐにボッジのもとへ向かう事へ。アピス、ドルーシもボッジのもとへ。

場面転換。ベビンのもとへ使いの蛇が訪れる。蛇から近況を聞かされるベビン。ボッジが危機的状況である事を聞かされたベビン。

『ボッス様、私はボッジ様の元に行きます』

同時に鏡を発見した場合、状況によっては斬る事を伝えていくベジン。そんな彼を鋭い眼光で睨むボッスであった。

『オレ、ボッジを助けたい』

生と死の境目となる世界。いわゆる、三途の川的な場所に意識が入り込むデスパー、ボッジ。川にはカゲとカゲの母親。そしてデスパーは自分たちが死んだのではないかと勘ぐっていく。

『一生懸命お金貯めたのに…使わずに…イヤだー』

一人で泣きじゃくるデスパー。しかし、ボッジの興味はデスパーではなくカゲ。母親に呼ばれるカゲ。近くにあった木の船を利用して川を渡って母親の元へ向かおうとしていく。

『いけない!渡ったら生き返れなくなる!』

二人は必死でカゲに声をかけていくがカゲに声が届いていない様子であった。カゲのもとへ行こうと崖から飛び降りようとするボッジ。しかし、見えない壁に行動が遮られていく。そしてデスパーは気づく。この世界は誰かの思念であると。思い出すデスパー。ミランジョが作り出した思念である事に気づく。

とにかくカゲが川を渡らないように必死を声をあげていくボッジ達。しかし、まったく声は届かない。そんな中、向こう岸へ辿り着く寸前。船のロープを引っ張る人物が現れる。

ミランジョであった。

『渡ればもうこちらには戻ってこれないぞ』

現世に未練はないのかカゲに問うミランジョ。考えるカゲはボッジの事を思い出していく。彼との思い出が走馬灯のように脳内を駆け巡っていくカゲ。

『オレ、ボッジを助けたい』

王様ランキング10巻感想

王様ランキング10巻では魔神との契約で死の世界にも行けなくなった悲しい運命のミランジョを見てボッジは涙を流して自分には彼女を斬れないと思うカットは感動で涙が止まらない。

そして、オウケンの攻撃はわざとデスパーを苦しめるように急所を外しているところを見ると思考が極悪なが分かる。リアルにそういう人は情報商材で稼ぐネズミ講の考えに似ていて少し苦痛に感じてしまった。カゲが死の間際でミランジョ自身が引き留めたときにボッチのコトを思い出しカゲ母親に笑顔で別れを告げたときはハンカチが濡れた。ミランジョの母親はミランジョに「ミランジョ、あなたがしていることは、あなたをもっと不幸にするわ。」と前回「王様ランキング9巻」で私は自分を幸せにして周りも幸せにすると言っていたのにそう言われる対比の場面。

だが、ミランジョは「そんなことない!またボッス様と一緒になるんだ、私は幸せになるんだ!」と聞く耳を持たない。ミランジョは私にはボッス様しかいないと力なくつぶやきながら、現実世界へ戻っていきました。

瀕死のボッジ、デスパーを救えるのは誰なのか…。ヒリングは力を使い果たし、ポーションもない状況。そして立ちはだかる最強の敵・オウケン。今度はボッス王国四天王達がオウケンに挑んでいく模様。脳筋のドルーシやドーマスに加えて戦略を組み立てられるベビン、アピス。4人が一丸となってオウケンを拘束する事に成功していくのか。

タイトルとURLをコピーしました