【王様ランキング9巻】ネタバレ感想|ミランジョの過去が明かされる

暮らしのモノ

王様ランキング9巻ネタバレあらすじ

意識を取り戻したオウケンは鏡に導かれて王宮に戻ってきました。

そして彼と出くわしたボッジは戦うことになってしまいます。

ボッジのいかなる攻撃もオウケンには通用せず、ボッジは次第に疲労していきます。

一方、ボッスによって語られるミランジョの過去…。

ミランジョの故郷ホウマ国は皆魔法を得意とし、心優しい人々の暮らす国でした。その頃ホウマは人間を脅かす神々と戦争をしていました。そしてホウマは隣国のギャクザに裏切られたために、壊滅状態となってしまうのです。その時ミランジョはギャクザの人々に酷い目に遭わされてしまいました。それを救ったのが、ボッスだったのです。

一方オウケンとボッジの所へ、ようやくデスパーと隊長が到着!ボッジたちを逃がし、オウケンと戦う二人は胸を貫かれてしまい絶体絶命…。

意識を取り戻したオウケンは縄から抜け出すと、隊長とデスパーに金縛りの技を使って彼らの動きを封じました。そして、鏡の導きにより王宮へと走り去ってしまいます。その頃、王宮ではアピスが目を覚まし、ボッジたちにここから逃げた方がいいと事情を説明しました。

アピスの話では、今回の騒動の鏡の目的は、ヒリング殺害とボッス王国滅亡。それは鏡(ミランジョ)の夢、『ボッスの側にいる事』『ボッスの憂いを失くし二人だけで旅に出る事』のため…!そしてアピスはボッジに大きな力が宿っているのを感じると、「あなたの信じる道を行ってください」と見送るのでした。

アピスは、ボッジが今まで王宮で多くの悲しみに耐えてきたのをずっと見守っていました。

そしてそんな境遇でも優しく諦めない心を持つボッジに、たくさんの勇気をもらってきたのです。そしてアピスはボッジの背中を見送りながら、ゾックに喰らった毒ガスのせいで血を吐き再び倒れてしまいました。そこへネズミに連れられてヒリングたちがやってきて…。

ボッジは、カゲの立てた目標プラン

『1:ヒリングたちの保護』

『2:罪人とミランジョの討伐』

『3:ボッスの討伐』

に従い、まずはヒリングを探しに行きました。

ボッジは父であるボッスと戦うのはとても気が引けましたが、カゲに叱咤されて気持ちを持ち直します。そこで王宮へ戻ってきたオウケンと鉢合わせしますが、脇目もふらずどこかへ駆けていく彼をボッジとカゲは追いかけました。

一方、城の地下ではドーマスとホクロが冥府への入り口を破壊していました。ドーマスはその入り口にカゲと同じ影の一族の死骸が使われているのを見て、カゲに何か起こるのでは、と不吉な予感を感じました。そして彼らはボッジと合流するために急いで地上へと戻っていきました。

玉座の間では、鏡を奪ったゾックがふんぞり返っていました。そこへ鏡に導かれたオウケンがやってきます。そして彼を追うボッジたちも…。鏡はオウケンを操り、ゾックを倒そうと考えていたようです。ゾックは咄嗟にブラックを身代わりにすると、急いで逃げていきました。

ボッジは追いかけ、不意を突いてゾックを気絶させると、彼を縛り上げました。しかしそこへオウケンがやってきて…。

とうとうボッジとオウケンの戦いが始まってしまいました。ボッジはオウケンの金縛りの技をなんなくかわして攻撃しましたが、オウケンにはボッジの気絶させる技が全く効きません。ならばとボッジは物質を砕く技でオウケンの剣を砕くも、剣はあっという間に元通りに直ってしまいました。

自分の技が全く通用せず、次第にボッジは防戦一方となっていきます。カゲは鏡の助言(カゲは鏡の正体を知りません)に従ってボッジに逃げようと提案しましたが、ボッジはそれを拒否しました。それを見た鏡は、ボッジが自分を過信しているのだと思い愚かだと呟きました。それを聞いたカゲは涙を流して否定します。

「ボッジは自分がやらなければ皆が犠牲になると考えてるんだよ!自分のことなんて考えてないんだ!」そう訴えるカゲの言葉に、鏡は昔のことを思い出しました。まだ鏡(ミランジョ)が小さかった頃、自分の母に「皆を幸せにして私も幸せになるんだ」

と楽しそうに話したことを…。

鏡は、カゲにオウケンが不死身であることを伝えました。カゲはすかさずボッジにそれを言いましたが、しかしカゲは鏡が何故それを知っているのか不審に思いました。何者か尋ねるカゲに、鏡は自分がミランジョであると告げました。

その頃、牢獄ではベビンがボッスを問い詰めていました。ダイダを取り戻したいと言うベビンに、ボッスは鏡の正体がミランジョであることを話します。そしてミランジョが自分の『誰よりも大切に思う人』なのだと…。

ボッスはミランジョが自分の子であり母であり、師のような存在だと続けました。そうしてボッスはミランジョと一緒に生きていくことに決めたのです。彼女の笑顔を取り戻すために。

その体験が優しかったミランジョを変えたのかと問うベビンに、ボッスは否定しました。立ち直りつつあった彼女を傷つけ苦しめて変えてしまったのは、自分自身なのだとボッスは言います。

そのボッスの悲痛な話を、闇の中でダイダもずっと聞いていました。自分の膝で眠る幼いミランジョを見守りながら。

【王様ランキング9巻】ネタバレ考察

『あなたがこの国の希望になるかも知れない』

ボッジ達はアピスを残してミランジョを追う事へ。強くなったボッジを見て涙を流すアピス。

『あなたがこの国の希望になるかも知れない』

そう言いながら血反吐を出すアピス。一方、入れ違いでヒリング達が訪れる。彼女達は不思議なネズミに案内されて倒れているアピスを発見。ボッジ達は一度ヒリングのもとへ戻ろうとするが既に彼女達はいなくなっていた。

すると走ってどこかへ向かおうとするオウケンを発見するボッジ達。

『オウケン!?まさか隊長たちがやられたのか?』

オウケンはボッジ達に気づくが無視。急いでミランジョのもとへ向かっていく。取り敢えずオウケンを倒す為、彼を追いかける事にするボッジとカゲ。

場面転換。冥府の門を破壊しようと門の前までやってきたドーマスとホクロ。

門を見て驚愕する。門として利用されていたのはカゲ一族であった。

『悲運な一族。死してなお利用されるか。』

ドーマス達は冥府の門を破壊。ボッジと一緒にいるカゲは生き残りである事を察知する。ドーマスはカゲに何か嫌な予感を感じ取っていく。

『あの子に何かよくない事があると…?』

ホクロがドーマスに怒る。ボッジの友達の事をそんな風に考えるなと。そしてドーマスとホクロ。目的も達成したので二人はボッジ達のもとへ向かう事へ。

ボッジvsオウケンの決闘

体調が悪くなったフリをしてボッジに近づくゾック。そのまま彼は口から猛毒を吐く事へ。しかし、何事もなかったかのように振る舞うボッジ。彼を見て驚愕するゾック。どうして猛毒が効かないのか不思議に思っていく。

『巨人族に人の毒など効かん』

巨人族の事をよく知るミランジョ。身体は小さくてもボッジは巨人族の両親から産まれた子供。性質は同じであった。そして後方からオウケンが追いついてくる。

分が悪いと感じたゾック。塀を飛び越えて地上へ。同時にボッジがゾックを追いかけて一閃。得意の急所攻撃一発でゾックを横たわらせていく。ミランジョの傍にいたカゲ。ボッジは自分の友達だと自慢。カゲを見て一言。

『カゲ一族か、お前もやはり悲運の匂いがするな』

ゾックをロープで縛るボッジ。そしてオウケンと対峙する。一方、ボッジとオウケンのもとへ急いで向かっていたデスパー。彼はボッジとオウケンでは相性が悪過ぎて、ボッジが倒されてしまうと不安を感じていた。

ボッジの力量を見定めるオウケン。底知れぬボッジの実力に恐怖を抱きつつも攻撃を仕掛けていく。オウケンの人の動きを止める謎の攻撃。全て躱すボッジ。

彼の攻撃を見切るボッジ。人の動きを止める攻撃のカラクリは小さな「何か」を投げていた。ボッジを見て呟くミランジョ。

ボッス王とミランジョの過去

『ミランジョは私の子であり、母であり、そして師のような存在だ』

ボッスは過去を思い返していく。同時に闇の中にいるダイダにもボッスの記憶が見えるようになっていく。ボッスは過去、魔法との戦い方を身につける為に魔法立国「ホウマ」を訪れていた。ホウマ国は神だけが使えた魔法を人間が使えるようにした最初の国であった。

そしてホウマ国の人々は神々の勢力に抗った人間達でもあった。当時、神々と呼ばれる存在は人間の国を支配して奴隷化していた。それを止めるべく立ち上がったのかホウマ国であった。しかし、ホウマの言い伝えを聞いた事のあるベビン。印象がまるで違っていた。

『ホウマは魔法を利用して悪逆非道の限りを尽くしたと…』

複雑な表情をしつつ、話を続けるボッス。ホウマにてボッスはミランジョと出会っていた。そしてボッスはミランジョの父親を殺してしまっていた。魔法との戦い方を身につける為であったが、魔法の使い手であったミランジョの父に殺されそうになったボッス。

力加減が出来ずに殺してしまっていた。そして深手を負ったボッスを助けたのがミランジョの母でもあった。

『彼女は心配になるほどお人好しでな』

その後、ボッスはホウマ国に留まり、ミランジョの成長を見届けつつ、ホウマ国の一員となって神々と戦いを繰り広げていく。勝負には連戦連勝のホウマであったが、一度負ければ全てがひっくり返る戦況であった。

そこでホウマは隣国のギャクザと協力する約束をする。

『ホウマの人々は人はわかりあえると考えていた』

しかし、ギャクザはホウマとは真逆の性質を持った国であった事を述べるボッス。

『ミランジョの母は最後までそれに気付けなかった』

ボッジのもとへ駆けつけてきたデスパー

窮地のボッジのもとへ駆けつけてきたデスパーと隊長。しかし、オウケンに攻撃の効かなかったボッジは自分の無力さに震えていた。心の中でボッジを励ますデスパー。そして二人はミランジョの存在に気づいていく。今回の件の黒幕が目の前にいるカゲ。ミランジョの入った鏡を持って叩きつけようとしていく。

しかし、抵抗しないミランジョ。むしろ本体は鏡なので抵抗すら出来なかった。

『抵抗したくても私本体は無力だ』

そんな事を聞かされてミランジョを元の位置に戻すカゲ。デスパーと隊長もミランジョの印象が違うと会話。

『とはいえ、命はもらいます』

そしてミランジョの前にデスパーはオウケンと決着をつける覚悟。デスハーと連絡を取り合って雷を放つ準備。どうやらデスパーの雷攻撃。実はデスハーと連携してデスハーが遠隔で雷を操っていた。雷雲が発生した事に気付いてデスパーを急襲しようとするオウケン。

彼は必殺シラサンペを繰り出していく。ボッジには封じられたオウケンの技。この技は相手に気付かれぬように異物を急所に当てる必殺技であった。デスパーから種や仕掛けを教えてもらっていた隊長。シラサンペでデスパーを狙うオウケンであったが隊長が守っていく。そして雷がオウケンに落ちる。

王様ランキング9巻感想

王様ランキング9巻ではボッジ対オウケン、デスパーの言うとおり、相手は不死だから相性が悪い。ボッジだけ疲弊。 ボッスの口から語られる、ミランジョとの関係。不幸だとは思うけど、ボッジの母、ヒリング、ダイダなどの命を弄んでいいわけない。でも、オヤジはミランジョに惚れてそうだし、最終対決はボッジ対ボッスだろうな。 オウケンの前にデスパー到着。力では勝てないとわかっていながら、分析と戦略で勝とうとするデスパー。デスハーの雷も効かなくなってきたし、いよいよオウケン再強か。 三兄弟の過去編を見て、オウケンの優しさを見ると辛い。

ボッジの覚醒した実力を認めるミランジョ。しかし、相手となるオウケンとは相性が悪すぎた。実体があるのか不明なオウケンには急所攻撃な無意味なのかも知れない。

タイトルとURLをコピーしました