【推しの子1巻】ネタバレ感想|赤坂アカ/横槍メンゴ

暮らしのモノ

田舎の産婦人科医・ゴローの元に、活動休止中の彼の推しアイドル・星野アイが双子を妊娠した状態で現れる。ゴローはその妊娠出産に立ち会うことになるが、出産直前に命を落としてしまう。そして再び目が覚めた時、そのアイの子供、星野愛久愛海(通称:アクア)として生まれ変わったのだった。

【推しの子1巻】ネタバレあらすじ

主人公の青年が死後に前世の記憶を持ったまま、推していたアイドルの子供に生まれ変わる「転生もの」。「推し」とは、アイドルファンなどの間で「応援している人」の意味で使われ、本作タイトルは「推していたアイドルの子供に転生する」という意味が込められており、具体的には主人公とその妹を指す。ファンタジー設定でありながら、サスペンス要素や現代社会を投影した展開、芸能界の闇へ切り込むリアルさが本作の特徴である

【推しの子1話】ネタバレ

主人公、田舎の産婦人科医・ゴローはアイドルグループ「B小町」のセンター星野アイ(16歳)の熱烈なファン。

所謂、ドルオタで患者の病室でLIVEのDVDを見てしまうくらいの強化担。(布教活動)

そんな中、星野アイが急遽アイドル活動休止を発表。

絶望に暮れるゴローは同僚に急に星野アイのファンになった理由を聞いてもいないのに語りだします。

当時入院患者だった、さりな(12歳)が星野アイの熱烈なファン。

病気な彼女は12歳で死んでしまいました。

その彼女が生前、もし生まれ変わったら星野アイの様になりたいと夢を語っていました。

その彼女が夢見た道を歩く姿を見届けたいのが推すきっかけの1つらしい。

他の理由は単純に可愛いから。

仕事に戻ると、星野アイが患者としてゴローの前に現れます。

検査すると、星野アイの大きなお腹には双子の赤ちゃんがいます。

驚き動揺を隠せないゴロー。

しかし、星野アイの施設育ちだから家族が欲しいという純粋な気持ちと同時にアイドルを辞める気もなく、公表せずに活動を継続するという強い姿勢に魅せられ、ゴローは出産に向けて全力で星野アイをサポートする事を決めます。

ちゃくちゃくと日付は過ぎ、ついに星野アイの出産予定日を迎えます。

その病院からの帰り道、ゴローは何者かに襲われ死んでしまいます。

そしてまさかの、同時期に出産していた星野アイの子どもとして転生したのでした。

【推しの子】キャラクター

星野愛久愛海(ほしの あくあまりん)/ ゴロー

本作の主人公。芸名は「アクア」。

転生前は宮崎県中山間地域の産婦人科医。亡くなった入院患者・さりなの影響で、アイドル「B小町」の星野アイのファンになる。

第一話にて、偶然妊娠中のアイが病院を訪れ、医師として出産を見守ることになる。しかし、出産直前にアイのストーカーに襲われ死亡(死体は一章の時点では見つかっていない)。アイの双子の子供として生まれ変わる。

母親からの遺伝で右目に星マークが入っている。前世の記憶を有しており、赤子の段階で会話できた。幼児まで成長した頃に、撮影現場で五反田監督に気に入られて、苺プロダクションの子役としてデビューする。

演技力は平凡だが、コミュニケーション能力の高さや頭の回転の早さを演技に活かす。前世では国立医大に合格しており頭脳明晰。

一章終盤の事件に実の父親が関与していると推測し復讐を誓う。アイの交友関係の狭さから父親は芸能界にいるとにらみ役者を目指す。

二章では冷静かつドライな性格になり不愛想だが、さり気なく相手を気遣うことができる。また、妹に対して過保護気味となり、しばしば「シスコン」と言われる。自分には才能がないと役者をあきらめて、裏方で芸能界に関わろうと五反田監督の下で映画製作の手伝いをしていたが、再会したかなに誘われたドラマのプロデューサーが父親の可能性があったため出演する。二章終盤で陽東高校の一般科に入学する。

星野瑠美衣(ほしの るびい)/ さりな

アクアの双子の妹。芸名は「ルビー」。

前世は転生前の主人公が勤務する病院での患者。星野アイを敬愛するアイドルオタク。享年12歳。死因は退形成性星細胞腫。

一章にて、アイの双子の子供として転生。兄と逆で左目に星マークが入っている。兄同様、赤子の段階で喋れる。オタク気質は転生前と変わらず、その性格でしばしば兄をドン引きさせる。一方で天性の演技力の持ち主で、アイのスキャンダルを売ろうとしたミヤコに対して、「神」を演じて脅して従わせた。なおアクアには同じ転生者であることは知られているが、転生前が誰だったのかはお互い気づいていない。

二章では母親と同じアイドルになろうとオーディションを受けていたが、アイと同じ目に合わせたくないとアクアが裏で断っていた。スカウトを受けたのをきっかけに信頼できない事務所に任せるよりはと、アクアとミヤコの提案で、苺プロダクションのアイドルとしてデビューする。二章終盤で陽東高校の芸能科に入学する。

快活で純粋な性格。前世の反動もあり運動好きで、幼児の時点で身体能力が優れていた。その一方で、歌は下手。

【推しの子1巻】感想

推しの子を読むと涙と鼻水が止まらなくなる。

16歳のアイドルが人知れず父親不明の双子を産み、それぞれに生前彼女に深い思い入れを抱きながら死んだ人物が“転生”してくるというぶっ飛んだ設定。母にしてアイドルを極めんとする星野アイに目が釘付けになる。「幼児が京極サイコロ本」「処女懐胎」の様に抱腹絶倒の喜劇的要素を散りばめつつ一貫して悲劇へとひた走るストーリー。「ジェットコースター」と形容するのも生ぬるいだろう。

『かぐや様は告らせたい』作者の作品でもある本作。 主人公は重度のアイドルオタ産婦人科医。特に推しているのが徐々に人気と知名度が上がってきた『アイ』というアイドル。ただまだこれからという時に突如活動の休止発表。

生きる希望を全て失った主人公だったがそんなある日妊婦が来院しその人物が実はーーというのが物語の導入部分。この作品の凄い所はここまでがまだ導入部分という所。ここから双子転生、死別、子供の父親の謎と詰め込みに詰め込みまくり最終的には復讐劇になるというのだから驚いた。これからどう物語が展開していくのか期待が高まる。

タイトルとURLをコピーしました