【推しの子4巻】ネタバレ感想|ファーストステージ編

暮らしのモノ

【推しの子】4巻、第三章恋愛リアリティショー編と第四章ファーストステージ編の内容。少し長めの第三章恋愛リアリティショー編でしたが、この4巻にて幕を下ろす。

【推しの子3巻】ネタバレあらすじ

あかねが命を絶つ寸前まで追い込まれるなど、なにかと波乱ある内容。みんな笑顔で打ち上げに参加することができた。胸をなでおろすことのできるラスト。

アクアとあかねは、「仕事の延長線上」付き合うことに。打算的な目的からキスに踏み切ったアクアですが、はたしてこれがガチ恋に変わっていくのかは、また今後の見どころになるでしょう。ちなみにノブとゆきは、ガチで付き合うことになる。

まさかのMEMちょがB小町に加入。ガチ恋メンバーの中でも、個人的にかなり好きなキャラクターだった。

(中略)

【推しの子3巻】ネタバレ感想

恋愛リアリティショーに出演したアクアは黒川あかねとカップル成立。番組が終わった後メンバー同士の関係はどうなるのか。一方、ルビーが所属するアイドルグループ新生“B小町”はファーストステージに向けて正式に活動スタートする。 “赤坂アカ×横槍メンゴ”の豪華タッグが全く新しい切り口で“芸能界”を描く衝撃作である。

星野アイの推しの子がアクアで別の意味でのアクアの推しの子が有馬かな。タイトルの意味が二重になるところは鳥肌が立つね。かなちゃん視点多めのファーストステージ編でしたが、アイドルとしての引力はやっぱりルビーに感じるな。かなちゃんは押しに弱いところとか一人じゃないから怖いって言えるところとか弱点が可愛く見えてしまう。あかねちゃんとアクアのビジネスパートナーの仲にかなちゃんがどう絡んでくるのか今後が気になります。

タイトルとURLをコピーしました