観葉植物を大きくする栄養素と肥料の選び方

植物と道具

発育不良を引き起こす植物は必要な栄養が不足していると思われる。植物内の不足した栄養を効果的に与え、植物を大きくするためには様々な栄養素を含んだ肥料を使用する必要があります。

栄養素には多くの種類があり、肥料を施肥するタイミングも健康な作物を育てるには重要だ。今回は観葉植物育て大きくするうえで肥料に含まれる栄養素とその効果や肥料の種類について探っていこう。

植物に与える肥料に含まれる栄養とは

植物の成長には17種類の元素が必要だ。

植物は必須元素と言われるこれらの元素を栄養素として空気・水・土などから細胞内に取り込み成長していきます。生育のために大量に必要とする栄養素を多量要素(窒素・リン酸、・カリウム)、必要量がごく微量のものを微量要素(鉄・マンガン・ホウ素・亜鉛・モリブデン・銅・塩素など)といい、必要量は微量でも不足すると植物の生育に悪影響を及す。

植物の栄養素17種類の元素

植物が生きていくために必要な17種類の栄養素は必須元素といわれており以下の通りです。

窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)、酸素(O)、水素(H)、炭素(C)カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、硫黄(S)、鉄(Fe)、マンガン(Mn)、ほう素(B)、亜鉛(Zn)、モリブデン(Mo)、銅(Cu)、塩素(Cl) 、ニッケル(Ni)

特に肥料の三大栄養素と言われている窒素(N)・リン酸(P)・カリウム(K)は植物が多く必要とする重要な栄養素。自然の環境では、落葉・動物の糞尿・死骸といった有機物を土の中の微生物が食べて無機物に分解する。無機物を栄養素として植物が吸収しますが、圃場では自然のサイクルがないため栄養素を定期的に与える必要がある。

このように植物の維持に必要な無機物の栄養素をミネラルと呼ぶことが多いようです。それでは最も重要とされる三大栄養素についてみよう。

窒素(N)

葉や茎の生育に必要不可欠な成分で植物を大きく生長させる役割がある。

植物の細胞をつくるタンパク質や光合成に欠かせない葉緑素の元になる元素。不足すると葉に含まれているタンパク質や葉緑素が旺盛に成長している株先に送られるため、葉の色が薄く生育不良となる。

その影響は「葉が小さい」「分枝しない」といった症状に出ることがある。反対に窒素が過剰になると栄養が行き過ぎてしまい、葉や茎ばかりが成長して花や実が付きにくくなり、肥満化の影響で植物が軟弱になるため、病害虫の被害を受けやすくなってしまう。

リン酸(P)

花や実の生育を活性化させる機能を持つ。エネルギー代謝に影響を及ぼす重要な元素であるため不足すると花の数が減り、開花や結実が遅れるなどの生長不良が発生することがあるのだ。過剰に与えても影響は出にくいと考えらるのだが、極端な場合には草丈が伸びないといった生育不良や土壌病害を招くおそれがある。

カリウム(K)

カリウムは植物体内の様々な化学反応を促進する。

葉で作られた炭水化物を根に送り、根の張りを良くして発育を促す効果がある。植物を丈夫にして、害虫や病気と気候の変化への抵抗力を高める作用もする。カリウムが不足すると下葉の先端や縁から葉が黄色くなって葉が枯れ始め実の品質も低下します。

リン酸と同様に過剰摂取による影響はほとんどないと考えられるが、カルシウムやマグネシウムが欠乏しやすくなる場合がある。

植物に必要な栄養を効率的に与える肥料の選び方

肥料にはさまざまな種類があります。ここでは「有機肥料」と「無機肥料」の違いや「固形肥料」と「液体肥料」の違いについてご紹介していきたい。

肥料によって特徴はさまざま。目的に合った肥料を選ぶのが最適。植物を元気に育てるためには一つの肥料に依存しすぎず、効き目が速い肥料と遅い肥料をバランスよく施肥することが大切だ。

速効性肥料

施肥するとすぐに効果が現れる。効き目が強すぎて肥料やけを起こす可能性があるので肥料が根にふれないようにするなどの注意が必要。開花期や最盛期など限られた期間ですぐに効果を出したい場合に使おう。持続性はないため施肥回数は多くなります。液体肥料のほとんどが速効性肥料。

緩効性肥料

効き目の速度がゆっくりで、成分が徐々に溶け出し、効果が一定期間持続するものを指す。水に溶けにくい成分を使用して元肥として利用されることが多い。上手に施肥すれば、追肥の回数は少なくなり、省力栽培が可能といわれるだろう。

遅効性肥料

施肥をして時間が経過してから効果が出始める。微生物が肥料を分解してから作物に必要な成分が作り出されるためだ。一定期間を置いて急激に効果が出始める点が、じわじわと効果が継続する緩効性との違い。元肥や追肥として使用されます。有機性の肥料はこのタイプです。

終わりに|植物の土台を理解し発育を促進させる

栄養学は日々発達しており、栄養素と植物の関係は完全に解明されたわけではないが、植物が適切に成長する環境を整える為には与える栄養素(肥料)の選択と与え方が重要。元気な作物を育てるには適材適所に肥料を施肥することが大切なのだ。

タイトルとURLをコピーしました