【貧乏大学生のとき】胡散臭い社長との出会いから学んだこと

仕事のコト

貧乏大学生だった。だから胡散臭い人と会っていた。これはよくある話。

(*フィクションですが実話がたくさん入り込んでいます。)

胡散臭い社長との出会い

社長の下で起業の勉強しています

謎の人物「僕も大学生で、これから起業しようとしています。実は僕、あるベンチャー企業の社長の元で修行しているんですよ!その社長、本当にすごい人なんです!色々とアドバイスしてもらえると思うので、紹介しましょうか?」

怪しい。

実に怪しい。

プンプン香り立つメッセージである。これはもう煙が立っているのでは?こんな香ばしいメッセージに対して、まともに返信する人間がいるのだろうか。煙がたちすぎて目が痛くなる。。。

当時の僕はお金なんてものはなにもなかった。貯金は5000円を切っておりなにもできなかった。

社長に会ってすぐに言われた。

社長「自分のやりたいことのためへの投資は絶対に惜しむな。俺は恩師にそう言われ、1日で100万集めた。そして、恩師に払った。それが自分の将来への投資になるから。」

という話を散々された。

バカ野郎はおまえだろう。

何回もするな。耳にたんこぶができるだろう。

そして言われる。「おかねにこまっていないか?」

デデーン。詐欺師アウト。

僕は思いっきりおしりをたたかれた気持ちになった。

投資なんて楽勝!お前もすぐ稼げるよ

SNSで見ていると

この人たくさん稼いでいそうだった。見るとリンクが張ってあり、友達追加したら教えてくれると言われたので追加。

その後日程をお会いし遭遇。

てれれれれ、てんてんてん(ポケモンの音)

(お金稼いでいる人)行け、俺の投資の案件!(60万円)

(僕)行け!貧乏思考!(0円)

どんどん無謀な戦いは白熱を生む。

2時間経過。

(お金を稼いでいる人)だから、お前は稼げないんだよ

(僕)泣きまくる。(大声)。この人が教えてくれるから聞きにきたのに。どうしておしえてくれないのパパママあああああああ(ぴええええええん)。

終わり

またいい経験があれば創作活動に取り組みます。

タイトルとURLをコピーしました