【伝え方が9割】ネタバレ要約と感想|佐々木圭一

暮らしのモノ

伝え方が9割は、コピーライターの佐々木圭一さんの大ベストセラー。マンガや続編なども含めると、発行部数はナント130万部以上の本である。

伝え方について誰かに教わったことがある人は少ないのではないかなと感じています。当書を読んでみて「伝え方」というのは生きていく上で重要なものであり鍛えてくべきものだと分かります。

【伝え方が9割】要約

【伝え方が9割】あらすじ

著者はコピーライターとして活動をしていく。入社当初もその前からも伝え方が下手で良いコピーなんてまったくといってもいいほど書けなかったと語る。しかしある気づきを得てからコピーの質が変わりたくさんの賞を獲得するようになり実績あるコピーライターとして講演依頼も来るようにもなったとのこと。

本書は大きく3つのパートで構成されている。

  • 著者についての話
  • ノーをイエスに変えるには? 
  • 強い言葉を生み出すための技術

「イエス」に変える3つのステップ

1,自分の頭の中をそのままコトバにしない

2,相手の頭の中を想像する

3,相手のメリットと一致するお願いを作る

「イエス」に変える「7つの切り口」

1,相手の好きな事

2,嫌いな事回避

3,選択の自由

4,認められたい欲

5,あなた限定

6,チームワーク化

7,感謝

【伝え方が9割】感想

メールは感情を30%増量するということも本書の「伝え方が9割」では書かれています。これは独立をして仕事をする際にも大事なこと。SEO対策で集客をすることも大事。でも大事なのは自分の想いを伝えること。そのためにはどうすればいいのか?ヒントは端的に短い文章で書くこと。

そのうえで相手にイメージをさせることが肝となります。例えばスンドゥブと言えばスンドゥブと分かります。でもスンドゥブを海外の豆腐料理と言うと相手は「え?」となり思考をしてスンドゥブにたどり着きます。このように相手にイメージをさせることは大事かもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました