【感想】スター・ウォーズ|Ep.2/クローンの攻撃を見た感想

Lifestyle

『スター・ウォーズ エピソード2/ クローンの攻撃』(原題: Star Wars: Episode II – Attack of the Clones)は、2002年のアメリカのスペースオペラ映画。ジョージ・ルーカスが監督、ルーカスとジョナサン・ヘイルズが脚本を務めた。『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)に続く、「スター・ウォーズ」の新三部作(プリクエル・トリロジー)、「スカイウォーカー・サーガ」の2作目であり、スター・ウォーズの映画としては5番目に製作された。

青年に成長したアナキンの苦悩や、パドメ・アミダラとの禁じられた恋愛、そして『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でオビ=ワン・ケノービとルーク・スカイウォーカーの会話に登場したクローン戦争の開戦の発端が主要なテーマとなっている。

【スター・ウォーズ|Ep.2】オビ=ワン・ケノービ

一人前のジェダイ・ナイトとして弟子のアナキンを指導する立場に。無鉄砲で反逆児的なアナキンに対して、ジェダイの秩序に忠実なオビ=ワンはついつい窘める側に回っている。とはいいつつ、パダワン時代からの旧友である惑星マンダロアの公爵サティーン・クライズや、レジェンズ(非正史)では同期のジェダイ騎士シーリー・タチといった、オビ=ワンに思いを寄せる女性達もいた。劇中でオビ=ワンもサティーンへの愛を首肯している。クローン・トルーパーを発見し、クローン戦争最初の戦いジオノーシスの戦いにも参加した。

【スター・ウォーズ】設定

『スター・ウォーズ』シリーズは、「遠い昔、遥か彼方の銀河系で」の登場人物たちの冒険を描いている。そこでは、人間と多くの種の異星人(多くの場合はヒューマノイド)が、日常生活を支援してくれるロボットや「ドロイド」と共存しており、光速の超空間技術によって惑星間の宇宙旅行が一般的に行われている。

宇宙船には、小型のスターファイターからスター・デストロイヤーのような巨大な宇宙戦艦、月面サイズのデス・スターのような宇宙ステーションまで様々なものがある。通信には、双方向のオーディオやオーディオ・ビジュアル・スクリーン、ホログラフィック・プロジェクションなどがある。

フォースとは

「フォース」とは「スター・ウォーズ」シリーズに登場するエネルギー体で、フォース=センシティブ(フォース感知者)が使うことができる超常的な能力。「ミディ=クロリアン」というあらゆる細胞内に共生する微生物の含有値が、その能力の強さに影響を及ぼす。

ファースは銀河万物あまねくすべてを包摂するもので、ライトサイドのジェダイとダークサイドのシスによって日常生活から戦闘まで、幅広い用途で使用されています。ジェダイとシスの双方によってフォースの研究が行われ、様々な使用方法が編み出された。

物体を動かす術や相手の心を読む術、、相手の先の行動を読む予知術や、それを応用して空間認識能力を高めた操縦術、そして手や指から放つ電撃術などある。

まとめ

フォースは万物を自在に操ることができる力といってもおかしくない。フォースを利用し扱う者によって使い方は様々。ジェダイが良き方向へ導くか、シスが悪しき方向へ堕とすか、その力を使う者にかかっているといえる。

ジェダイや反乱同盟軍の合言葉として使われる「フォースと共にあれ (May the Force be with you.)」。

タイトルとURLをコピーしました