【ダンダダン】高倉健(オカルン)・変身前後のプロフィールまとめ

暮らしのモノ

漫画ダンダダンに登場するキャラクターであるオカルン(本名:高倉健) 本作におけるもう一人の主人公であり本作における肉弾戦を担当。

本作は2021年4月6日に「ジャンプ+」で連載が始まった。第1話が公開されると、その面白さがSNS上で話題を集め、なんとわずか2日間で100万PVを突破したという。その後、3話続けて公開から1週間以内に100万PVを突破し、これは「ジャンプ+」初の快挙として讃えられた。

 本作は「オカルト」をテーマにしたバトルマンガであり恋愛漫画だ。幽霊を信じないオカルトマニアの少年・高倉と、宇宙人を信じない霊感少女の綾瀬がタッグを組み、人間を襲う怪異に立ち向かっていく。

【ダンダダン】高倉健(オカルン)とは

本名は高倉健(たかくらけん)。

諸事情で彼の本名を言うことを嫌がる綾瀬桃はオカルンと言うあだ名をつける。作品内では主にこの名前で呼ばれる。

本来の姿はおかっぱに切りそろえた髪形をした丸眼鏡をかけたオタク気質の少年。幽霊は信じていないがUFOは信じている。一人称は「ジブン」。

友達が全くおらず、むしろいじめられるほどで宇宙人と友達になろうと交信を続けていた。

桃との勝負の最中にターボババアに呪われ、玉と竿を奪われてしまったばかりか乗っ取られてしまう。だが綾瀬桃との協力により、その呪いを利用することでターボババアの素早さを手に入れた姿へと変身することが出来るようになった。

【ダンダダン】高倉健(オカルン)の変身形態

オカルンがターボババアの呪いで変身した姿。変身したての時点では全身を乗っ取られていたが桃が力を行使することである程度制御できるようになった。

特に口調が大きく変わり、普段の几帳面でまじめな口調からかなりダウナーでややヤンキーじみたファンキーなものになる。女性に対しても、基本的にちゃん付けで呼ぶ。髪の毛が白く逆立ち、顔の下半分に剥き出しの歯のようなマスク姿となる。この姿ではターボババア由来の超スピードで戦うことが出来るが身体へのダメージが激しく、更にド級のネガティブ気質になってしまう。

口癖は「鬱だ~」

【ダンダダン】高倉健(オカルン)の名言

「でも綾瀬さんはそんなジブンをかばってくれたんですよ!!だから彼女に触るなあ!彼女を傷つけるヤツは許さない!!彼女のためならバケモノに だってなってやる!!!」

「でも次あんな事があったらジブンが綾瀬さんを助けられるようにがんばりますから」

終わりに

映画『貞子vs伽椰子』がアイデアのベースになった龍幸伸さんは語っている。

高倉健好きの女の子がUFOオタクで友達のいない少年をいじめっ子から助けたら惚れられてめんどくさいけどちょっと毎週更新されるたびに即読みしてしまう漫画。 1話の中盤くらいから急展開で、化物の力を借りた少年と霊媒師の女の子とともに都市伝説と戦うバトルものに。わけのわからない勢いがあり筆が走るってこういうことかと思ってしまった。

タイトルとURLをコピーしました