【読んだ感想】2040年の未来予測|テクノロジーは嘘をつかない

暮らしのモノ

2040年の未来予測』政府やさまざまな機関が示す「未来予測」は、あくまで現状の延長を想定していて、テクノロジーの発展は加われていない。いつの時代も、未来を変えてきたのは新しいテクノロジーだ。20年後には空飛ぶクルマやドローンによる宅配も普通になっている。私たちの予想を超える「近未来」が、目の前にやってきている。

【目次】2040年の未来予測

第1章|テクノロジーの進歩だけが未来を明るくする

第2章|あなたの不幸に直結する未来の経済ーー年金、税金、医療費

第3章|衣・食・住を考えながら、未来を予測する力をつける

第4章|天災は必ず起こる

第1章「テクノロジーの進歩だけが未来を明るくする」

新しいテクノロジーが登場したとき、人間はその普及に反対する

空飛ぶクルマも2040年には可能になる

中国と監視カメラと個人データ

日本の過疎化を救うのは5Gでの診療

ゲノム編集技術で難病の治療に光が見える

再生医療がパーキンソン病やアルツハイマー病を治すかも

風力発電に向かない日本の地形

第2章「あなたの不幸に直結する未来の経済ー年金、税金、医療費」

国の財源は、私たちの社会保険料からまかなうしかない

すべての問題は、高齢者が増えること

70歳まで働くなら、今と同じ額の年金はもらえる

日本のGDPはお先まっくらなのか

これからの時代はテクノロジーよりも政治が株価を決める

第3章「衣・食・住を考えながら、未来を予測する力をつける」

遺伝子編集した魚を食べないともうもたない

マンションの価値は下がる

日本では学歴の意味がなくなる

貧しくなる日本にシェアリングは不可欠

第4章「天災は必ず起こる」

南海トラフ地震の際は、日本中で地震が連動して起こる可能性が高い

温暖化によって戦争が起こる

「水」が最も希少な資源になる

【読んだ感想】2024年の未来と厄災の発見

2040年の未来予測』を読んで、2040年の歴史をたどろうと中国の歴史を調べていた。日本の学歴社会は崩壊するかもしれないが勉強は極めて重要。テクノロジーの進歩はいつだって極めて発想的で柔軟である。リンゴが落ちるを見て、重力を知ったニュートン。テクノロジーの進歩は涙を流さずにはいられない。Appleは革新機械をもたらした。これから2022年から2年。200年の文化を早送りする。つまり、2024年には僕らは涙を流さずにはいられなくなるのだ。ツーペアのダブル?。ノーノー。革命ですよ。

タイトルとURLをコピーしました