【就活】TOEICのスコアは何点から評価される?

学生のコト

TOEICはリスニング100問、リーディング100問、合計200問の試験です。990点満点で、英検のように合否はありません。受験すれば必ず5〜990のスコアを取得できます。

英語の資格といえば、高校までは英検が最も有名です。しかし大学生や社会人になると、多くの方が英検よりもTOEICを受験するようになる。英検の試験内容が、学校教育のカリキュラムに準拠しているのに対し、TOEICはビジネス英語に関する試験であることが理由だ。

「就活で有利になる資格」としてよく挙げられる資格がTOEIC。TOEICスコアを持っていれば就活で敵なし、無双できるといった声も耳にします。

結論から言うとTOEICのスコアは最低でも600点以上のTOEICスコアが必要とのこと。なぜならTOEICの平均点は毎回580点前後だからです。つまりTOEIC600点は、平均より上の英語力を有していることの証明になる。

【TOEIC】スコア600点以上を取る勉強方法

TOEICスコアで言えることは以下の3点。

・600点以上であれば、履歴書に書いてアピール材料になる

・700点を超えたら、ある程度「英語が使える」と言えるようになる

・800点を持っていれば、実力・資格としても十分と言える

TOEIC400点未満の場合の勉強方法

400点未満の人の特徴は「まだ基本的なことができていない段階」と言える。高校基礎レベルの文法や単語に穴があり、少し長めの文章になると読んでもあまり理解できないことが多い。簡単な文は書けますが、情報の不足、語い選択の不正確さ文法的誤りが多くみられる傾向にある。

TOEIC400点から600点未満の場合の勉強方法

TOEICスコア400点から600点の間は「基礎力がつき、出来ることが増え始めた段階」と言える段階。基本的な文章や単語は理解できるようになっている。やや複雑な英文は理解できない部分が多いはず。

簡単な情報を書いて伝えることや理由などを挙げて部分的に意見を文章にして述べることはできるといい。

TOEIC600点から700点未満の場合の勉強方法

TOEICスコア600点から700点の人の場合は、ある程度英語ができるようになった。だがおぼつかない部分がある段階。基本的な文章や単語は理解できるようになっていますが、やや複雑な英文は理解できない。平均点は600点とされているため、履歴書に書いてアピールになる段階と言える。

TOEIC700点から800点未満の場合の勉強方法

短文も長文も比較的に聞き取れるようになっているはず。意見を述べたり、ある程度複雑な要求に対して答えることができるだろう。

TOEIC800点から900点未満の場合の勉強方法

800点台は英語を活かして仕事ができる段階。

TOEICのスコアを上げる勉強教材・参考書

TOEIC L&R TEST出る単特急『金のフレーズ』

TOEIC対策の単語帳といったらという定番の1冊。

「TOEICに出る単語だけをフレーズで効率的に覚えられる」というコンセプトで作られており”金フレ”の通称で多くのTOEIC受験者に支持されている。

600点~990点まで、レベル別に合計1000の見出し語が収録。単語はフレーズや短文内に含まれており、解説も丁寧に書かれているので、使い方とあわせて覚えることができる。

“TOEIC L&R TEST出る単特急銀のフレーズ”は、”金のフレーズ”の初級者向けの1冊。より基本的な単語を中心につくられているので基礎ができていないのであればおすすめ。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6

TOEICを受けるなら必ずやっておきたい1冊。もう本番まで時間がないのであれば当問題集だけはやってから試験に望みたい。

実際にテストを作成しているEST (Educational Testing Service)が作成しているのでTOEIC受験者からも信頼度が高く試験対策として最適な参考書と言える。

TOEIC(R)テスト新形式精選模試 リーディング2

リーディング5回分の模試が入っている。公式問題集をやり終えた人が次に取り組む問題集として最適。模試参考書は公式問題集より少し難しいと感じる人が多いはず。問題を解く手順まで詳しく解説されているので解説を読み込みながら進めれば確実に実力が伸びる。

TOEICテスト新形式精選模試リスニング2

満点講師厳選の500問で、あらゆる問題に太刀打ちできる実力を養え、全ての問いの正解へのプロセスを丁寧に解説。5回の模擬試験がついており本番対策は万全である。

最新の出題傾向を解説され設問も500問と多数掲載されているため、入念な試験対策をすることができる。設問には「正答率」が付いており、本番でのスコアが推測できるようになっている。

終わりに|TOEICスコアが就活におけるアピールになる

TOEICは大学生の多くが受験する英語資格試験だ。受験者が多いからといって高得点取得者がたくさんいるわけではない。TOEICの平均点は580点前後である。

高得点取得者が多くない大学生のうちにTOEIC高得点を取得しておくことは自分の市場価値をさらに高めることになる。何もすることがないのであればTOEICの勉強を趣味で少しずつ始めておくといいだろう。別に満点である990点を取る必要はないのだ。750~850点ほども取れれば十分に就活は無双できる。

できるのであれば、いろいろな企業に有給インターンに行き、コミュニケーションスキルや自分の適性を実践の場で養い、合っている部署や職種を見つけることの方が重要である。

タイトルとURLをコピーしました