【読んだ感想】世界2.0あらすじとネタバレ|メタバースの3次元創造

暮らしのモノ

インターネット以来の大革命。メタバースとは「神」の民主化だ。メタバース、web3、NFT、AI、宇宙開発など「新しい世界」を私たちはどう生きるか。メタバース事業の最先端をいく起業家が全てを書き尽くした1冊。産業革命、インターネット、そしてメタバース。人類はいよいよ最終局面を迎える。

【世界2.0】メタバースの歩き方と創り方‐目次

序章 メタバースとは何か?

第一章 メタバースの衝撃

第二章 世界の創り方 I【視空間】

第三章 世界の創り方 II【生態系】

第四章 競争から創造の世紀へ

第五章 ポストメタバースの新世界

終章 世界の真実は自分の目で確かめるべき

序章 メタバースとは何か?

メタバースとは何か?

テクノロジーの進化を予測する方法

タイミングがすべてを決める

ある悲劇の天才、「早すぎる男」

周囲の反応はリトマス紙

メタバースは今がタイミング

子供の遊び方は未来の在り方

期待と幻滅のサイクルを乗り越える

「何もない」は最大の武器

失敗から学んだ意思決定の難しさ

第一章 メタバースの衝撃

人類が目指した究極の問い

テクノロジーの役割とは既得権益の民主化である

テクノロジーとは「運命に抗う武器」だ

メタバースは「神の民主化」

巨大IT企業の新たな主戦場

メタバースに関する3つの誤解

早すぎた『セカンドライフ』の功罪

革命の本質はインターネットの3次元化

VR端末の普及は遅れてやってくる

VRデバイスの普及までの課題

VR端末が普及するための3つのアプローチ

VR端末が普及するための技術的ハードル

『Fortnite』

王手をかけるEpic Gamesと背中を追うFacebook(Meta)

ブロックチェーンやNFTとの相性

Web3とクリエイターエコノミー

Web3時代の覇者となる人BtoBビジネスとしてのメタバース技術

国土交通省の『PLATEAU』

デジタル・ネイティブが「老害」になる日

プリクラは Instagramの原型

『マトリックス』や『竜とそばかすの姫』が現実になる日

現実よりも魅力的なバーチャル・デイズニーランド

ハリウッド級映画を一人で作る天才児の誕生

第二章 世界の創り方 I【視空間】

世界とは何か?

人間は誰しもが人間の専門家

VTuber とバーチャル・ヒューマンの躍進

AIがアバターを自動生成する未来

人間は驚くほど世界の風景を覚えていない

「日本っぽさ」「東京っぽさ」「アジアっぽさ」の本質

今っぽく見えるけどこの世に存在しない新しい世界

世界を自動生成するプロシージャル・モデリング

ミラーワールド=並行世界の実現

メタバース構築のための3つのアプローチ

第三章 世界の創り方 II【生態系】

成功を分けているのは「世界の解像度」

秋元康の世界のとらえ方

堀江貴文さんの驚異的な先見性と解像度

「生態系」としての世界と「空間」としての世界

世界とは複雑な生態系の重なり合い

世界を変える=新しい生態系を創ること

うまく回っている生態系の特徴

カリスマの瞬発力 生態系の慣性力

生態系の役割と価値の種類

生産者と消費者参加者の二面性

生態系の起点は「生産者」側にある

「鶏が先か? 卵が先か?」問題

生態系の設計者の仕事

生態系を一つの生命のようにとらえる

生態系をより強固にしていくためには?

参加者個人を惹きつける仕掛け

生態系が有機的に進化する瞬間

生態系のデザインにおいて重要なこと

世界を創ることが未来の仕事になる

目に映る「空間」としての世界

無数に広がる多元的な並行世界

物理世界より魅力的な仮想世界の先

第四章 競争から創造の世紀へ

村上龍の小説『希望の国のエクソダス』

人間は辺境に進み続ける

世界とは「在る」ものではなく「創る」もの

無数に広がる多元的な並行世界

メタバースによって変容する「個人」

商業主義から価値主義への転換

「好きなことをやって生きていく」から「なりたい自分で生きていく」

「個性格差」という負の側面「ルネッサンス2.0」の黄金時代

第五章 ポストメタバース新世界

人類に残された最後のフロンティアは宇宙空間と仮想空間

宇宙開発とメタバース開発は同時並行で進む

宇宙の本質は物質(ハード)か情報(データ)か

量子コンピュータの融合の可能性

機械を作り出す機械・世界を創り出す世界

バーチャル・タイムトラベル

脳科学との融合で実現するリアル『マトリックス』

メタバース上に収斂する「集合知」と「集団的無意識」

メタバースの先はユートピアかデイストピアか?

終章 世界の真実は自分の眼で確かめるべき

【世界2.0】読んだ感想

端的に言うとメタバースはインタネットの3D化する。個人的にはメタバースの行くつき先はユートピアでもデイストピアにもなってほしくないと感じている。やるのであれば地球でハンターハンターのような世界を作りたいと思ってしまった。

村上龍『希望の国のエクソダス』あらすじ

経済が停滞し閉塞感の漂った現在の日本。そんな現在社会に絶望した約80万人の中学生達は2001年6月のある日、突然CNNで報じられた、日本を捨てパキスタンで地雷処理に従事する16歳の少年に触発され、学校を捨てる。彼らが結成したネットワーク『ASUNARO』は、インターネットなどを駆使して新たなビジネスを始める。最終的には、北海道に広大な土地を購入し30万人規模で集団移住、都市および経済圏を独自に作り上げ、「日本からの実質的な独立」を果たす。

タイトルとURLをコピーしました