【白丸と黒丸】記号の意味とNFTのガス代の意味

Lifestyle

社会習慣的な約束によって、一定の内容を表すために用いられる文字・符号・標章などの総称。言語も記号の一つと考えられる。広く交通信号などから、象徴的なものまでを含む。また、文字と区別して特に符号類をいうこともある。

「記号」は広く、言語・文字・各種のしるし・身振りなどを含む。学問の用語としても用いる。「文」は漢字であると同時に、地図では学校を示す記号である。「符号」は、文字を除き、図形・音声・光・電波などのしるしについて使うことが多い。記号と符号の相違にはあいまいな面もある。目印として付けた〇は符号だが、地図上の〇は記号である。一般的に、ある体系の中でのしるしは記号だが、「モールス符号」「正(負)の符号」のような例外もある。

白丸と黒丸の記号の意味

白丸「○」はその点を「含まない」ことを,黒丸「●」はその点を「含む」ことを表すために利用する。HTMLの出力の場合はdisc(黒丸)でありcircle(白丸)。

Squareの場合は黒四角とのこと。ディスク(disc)とは、コンピュータシステムで利用する円盤状の記録メディアのことを言う。

他の記号の表し方の種類

+(+:プラス)

− (−:マイナス)

×  (×:乗算記号)

÷ (÷:除算記号)

考察

今回は白丸と黒丸の記号の意味を調べていたことをまとめた。ちなみにHTML入力で『メロン・りんご・みかん』をHTML出力すると『メロン・りんご・みかん』となった。

話は変わるが、NFT取引をしたことのある方や、NFT取引に興味のある方は、「ガス代」というワードを目にしたことがあるのではないだろうか。ガス代を一言で表すと、イーサリアム上で取引を行う際の手数料のようなもの。

さらに加えると金星は太陽系で太陽に2番目に近い惑星。金星の大気は、地球の大気と大きく異なっている。地球の大気に比べて金星の大気は密度も温度も高く、より高い高度まで続いている。、金星の大気のこの層は、太陽系の中では最も地球と似ている環境とも言える。しかも、人が呼吸に用いている空気(窒素78%、酸素21%)は地球上でのヘリウムのように金星では自然に上昇するガスなので、これを利用して金星の大気のこの層に植民を行おうという声もある。また、気圧の面では人が住むのに問題はないといえる。金星は重力も地球の90%で、ほとんど同じという長所もある。

ネットで調べているといろいろな理解ができる。まさに車輪の再発明を予防している。そう考えるとテスラなどのロケット産業も可能性は高いと感じてしまった。また、土星にもガスが存在する。名前にちなみ、ローマの農業の神と別名では呼ばれている。土星の構造は、ほぼ完全に水素とヘリウムでできているガスの巨大です。惑星の中心には高密度の金属のコアがある。液体金属水素と液体水素の層に包まれており、液体水素は徐々にガスに移行する。

感想

世の中に意味がないことはない。日本語って難しいと思われるのだが日本ってどういう国なのか理解できないときがある。日本語を勉強するのは難しい。そのうえで日本語は言葉遊びということも分かる。あの世とこの世の意味も理解はできる。あの世はどこの世なのか不思議でしょうがない。

ここがメタバースということも理解はできる。世界2.0、もしかするとアップデートしているかもしれないと思ってしまう。大人の事情だと思うが大学生くらいには教えてくれてもいいんじゃないかと思ってしまう。

タイトルとURLをコピーしました